カテゴリー

無料ブログはココログ

あ 暁 由宇(あかつきゆう)

「気高き僕は跪く」暁 由宇

Image1 「気高き僕は跪く」暁 由宇

<あらすじ>

桧垣圭一はかつて密かに憧れていた高校の先輩・高倉美弦と10年ぶりに再会する。美術館館長となった今も静謐な美を湛えた美弦に請われ、圭一は彼の秘書になるが……。惹かれる気持ちとは裏腹に、心の内を見せようとしない美弦に対し圭一は苛立ちを覚える。そして、美弦の傲慢さでプライドを傷つけられた圭一の苛立ちが頂点に達したとき、ふたりの関係は逆転、妖しく官能的なものへと──!?

<コメント>

気高き僕(ぼく)じゃないですよ、「しもべ」と読んでくださいね。

気高きぼくって、自画自賛ですからね。(´`)ハァ

数冊暁さんの作品を拝見しましたが・・暁さんの傾向がだんだんつかめてきました、エロいです。

しかも作中のエッチはどうしてこうアブノーマルなんでしょう。(笑)

まあアブノーマルも、プチアブノーマルですから、嫌悪感をいだく方より、むふふと萌える方の方がおおい程度のアブノーマル。

ドンキーさんにも、きっとゆきこさんにも、もちろんはるにもものたりないですが・・

世間一般にはこの程度でいいんでしょう(笑)

さて、この作品、先輩で、上司である高倉美弦(たかくらみつる)を秘書である圭一が下克上して、言葉責めの羞恥責めのプチ調教ものです。。。f^^;)

でも、年下なのに相手をおもいやり、支えてあげられるだけの男前の献身的攻というのが、アブノーマルっぽさを薄めています。

そんな危ないあなたが喜ぶのなら、私はどんな役にでも染まりましょうと圭一とっても、献身的なんですよ。

しかも、育ちのいい深窓の令嬢美弦が、ベッドのなかで淫蕩に乱れるさまをかわいいとおもうところ、ちょっとおやじ入っています。

言葉責めも、その年でそれかいって感じ(笑)

しかし、ここ数日ヴィラ・カプリに入り浸っていたはるには、無茶ものたりないです。ヴィラ・カプリシンドロームです。

日常生活にもどれなくなってしまいました。

たいくつな犬の散歩にしても、はだか犬を散歩させている気分になって、うきうき。

糞をしている犬の肛門をツンツンつついて、脱糞をとめてみたり・・

エサのまえの待てを、ちょっと長めにしてワンコをくーんって泣かせてみたり・・^^;

ムフフな妄想がとまらなくなってきました。ヴィラに行かれる方は、ご注意くださいね。  

「ワインレッドの誘惑」

31443223 「ワインレッドの誘惑」暁 由宇

<あらすじ>

美貌のソムリエ・蘇芳は、商社に勤務している恋人の葉月に日仏ハーフの青年実業家・シモンを紹介される。葉月に請われて蘇芳はシモンが経営するワイン通の隠れ家的存在であるフレンチレストランに転職するが、その頃から葉月の言動は別れを予感させ始める。年下の葉月にとって自分は欲望を満たすだけの相手なのかと傷つく蘇芳。そんな中、初めは反発を感じていたシモンの、ワインへの熱い想いを知り、共感を覚える。シモンを支えたいと思う蘇芳は、彼に惹かれていく自分をもうごまかせず・・・。

<コメント>

とこさんおすすめの「Bitter&sweet―苦く甘い吐息」甘い物好きのバーテンと、甘い物が苦手な老舗洋菓子店の御曹司も、なかなか良かったのですが。。

人間関係の面白さで、私はこちらをおすすめ本にあげさせていただきました。

ソムリエの蘇芳(すおう)は、葉月(はづき)の事が好きで、ゲイでない葉月と強引につきあうようになったが、葉月の恋愛感情がつかめず、破局の予感を感じていた。

そこへ登場するのが、葉月が勤める商社がバックアップしているレストランのオーナーシモン。

シモンのことを気遣う葉月、彼が心配だからと葉月に頼まれシモンのレストランのソムリエとして働くことになる蘇芳、シモンの思いがけない繊細な一面を知りシモンにひかれはじめる蘇芳・・

さあ、人間関係と恋愛のベクトルを紙に書いて整理しないとややこしくなってきましたよ。笑

■蘇芳は、ゲイでない葉月を口説き落としてカップルになっている

■葉月は、蘇芳が望むアブノーマルなセックスにたいして抵抗を感じている

■シモンは、蘇芳のことが好き

■葉月は、シモンのことが好き

■蘇芳も、シモンにひかれはじめている

刑事ドラマにでてくるホワイトボードで事件の整理をするようにみなさんも、整理できましたか?

蘇芳は、少しアブノーマルなセックスを求める傾向があり葉月は、それに応える自分に嫌悪感を感じているので、葉月のことを好きなのに葉月をおいつめ傷つけていることを悩む蘇芳。

蘇芳のことを好きだといわないが、はっきり別れるとも告げない葉月。

葉月の思い人かもしれないシモンの気持ちに応えることはできないと悩む蘇芳。

さあ、こまりました。友人からこんな相談をうけたら、どうしますか?

えっ?欲望のまま、突き進め?笑

ラストで、あんたそんなキャラだったのねというオチには、ちょっと驚かされます。(ちょっとネタばれですが・・笑)

こういう予想もしない展開が、恋愛小説以上の面白さを作品に加えていると思いますよ。

「グリーングラス」暁 由宇

511h8jt2pkl__aa240_ 「グリーングラス」暁 由宇

<あらすじ>

真剣な気持ちで付き合っていた恋人との別れに深く傷ついた祀(まつり)は、ふとしたきっかけから高級デートクラブ『グリーングラス』でバイトを始めることになる。それぞれの事情を抱えた客たちと身体を重ねるうちに、次第に癒されていった祀の心だったが、いつしか落ちていた新たな恋の相手はあまりにも遠い存在で…!?

<コメント>

初めての暁作品です。暁由宇さん。

書店の本棚に並んでいても、名前をどう読んでいいのか、わからなかった。。

「ぎょう?」

「よしう?」

「ぎょうゆ、う~」・・・日本人じゃねえ・・^^;

あかつきゆうさんでした。すいません。

色物で、とんでも本の出現率が異様に高いと定評のあるf^^;)ピアスのなかでも、結構よませる作品だよと勧められていた作品です。

ひどい振られかたで、恋することに臆病になっている主人公蓮祀(なめらまつり)

主人公のネーミングにトンデモ本の片鱗をみたような気がしたのは、私だけ?笑

「なめら」に、「まつり」だよ

よめねえ。。めったに正しく読まれない名前を、最初からきちんと呼んでくれたことで、さらに憧れ度がアップしたというエピソードにつかわれていましたが・・

いや、そういうエピソードは、いらないかも。

そんな乙女な男子は、いないでしょう・・笑

難易度の高い名前について、ちょっとひっかかりましたが、ストーリーはよかったですよ。

恋に臆病な主人公が、疑似恋愛を売り物にするバイトをするのですが。

悲壮感がないです。なにがしら傷つき、秘密をもっている人と、一緒にいる時は優しい恋人を演じる主人公の誠実さが、後ろめたいはずの売春行為をなぜかすがすがしいものに変えてしまいます。

傷ついたひとを幸せにするために、このバイトをしていると思っている祀にとって、売春行為は、人助けなのです。

でも、それも祀にあこがれの人(上司)ができると、お客を騙しているような気分になり、落ち込みます。

お客さんとの絡みがオムニバスのように連なり、かつ祀のもう恋はしないと臆病になっていた心が、だんだんゆるみ、好きになる気持ちがどんどん加速する様子に、引き込まれます。

ピアスの条件であるエロ多めという、高いハードルを越えながらも、ここまでシリアスにまとめる暁さん。

なかなかやるなって感じでした。

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌