カテゴリー

無料ブログはココログ

く 久我有加(くがありか)

「キスの温度」久我有加

Kiss 「キスの温度」久我有加

<あらすじ>

忘年会の夜、アルコールの酔いに流されるように麻生直孝(あそうなおたか)と寝てしまった岡田智里(おかださとり)。それ以来、毎日のように部屋に来てはキスだけをくり返す麻生に、智里は戸惑いつつも抗えずにいた。ところがある日、麻生に女がいるという噂を耳にする。麻生は何で俺にキスするんやろ、何で俺は拒めへんのやろ―?改めて自分に問いかける智里の出した答えは?大量書き下ろし「もっと強く抱きしめて」も収録。

<コメント>

久我ファンの冬子さんからお借りしました。

気になっていたのですが、はるにしては珍しく蔵王先生のこゆいイラストが苦手で読んだことがなかったのですが、、

冬子さんがお好きだというだけあって、はるもすんごいツボでした。

冬子さん、感謝いたしますです。ありが㌧♪(・ω・)ノ

大きな殺人事件も、どろどろとした人間模様もないです。大学生が、毎日大学に通っているありきたりな風景ですが・・・

主人公智里(さとり)は、酔った勢いで麻生と寝てしまいます。実は麻生はずっと智里のことがすきだったと後ででてきますが、智里には、そんな気配を感じたこともなく、突然どうして自分なんかとキスをするのだと、戸惑いばかりが大きくなります。

毎日のようにキスをする麻生に、どうして麻生とキスすると気持ちいいんだろう、どうして拒まないんだろうと・・・

麻生を好きだという気持ちを認められなくて、でもキス以上のことをして欲しいというなんともじれったいけどそこが、初々しい恋愛模様で、とてもいい作品でした。

お相手の麻生も、智里が自分を選ぶ決心が付くまでキスだけで待てができるという、こちらも初恋のドキドキで・・

関西弁ののり突っ込みが時々入りますが、ベースはシリアスです。

漫才っぽいセリフに見えますが、けっしてふざけた態度ではないですから、もし久我作品の関西弁が気になるかたも是非読んでみてください。関西弁でささやかれる甘いセリフが、くせになってきますから!

初めての恋のドキドキ感に、読者も頬が熱くなります。

自分の気持ちを固め、歩き出した二人がいいですねえ。。

そして、「光の地図-キスの温度2-」ですが・・こちらは、キスの温度にでてきた同級生カプ仲本洋介と藤崎大地のお話。

私、どちらかというと、、2の方が好きです。( ^ω^ )

麻生岡田カプが出来上がって、自分たちの関係にあせりが出て仲本がぐるぐるするところ好きです。

仲本が藤崎の家族に自分たちのことを許してほしいと土下座するところ、キューンでした。胸が痛くて、切なくて。

土下座する洋介を見て、『そんなことさせんといて、洋介を傷つけんといて』と藤崎が仲本を守ろうとすがりつくシーン。

涙でそうになりました。セリフの迫力にめちゃ、感激しました。

地の言葉のもつ迫力というか、言葉のもつ力を感じさせます。

しかし、北海道の柴おじさん。。何故にあんたまで大阪弁・・北海道でくらしてんでしょうという突っ込みを、冬子さんしませんでしたか?ψ(`∇´)ψ

いい作品をご紹介くださって、ありがとうございました・・ヽ(´ー`)ノ

「不実な男」久我有加

51idurhcvml__ss500_ 「不実な男」久我有加

<あらすじ>

お化け屋敷でのデート中、彼女に気がないことを言い当てられ、ふられた挙げ句突き飛ばされケガをした伸彦。居合わせたお化け役の男・禄朗(ろくろう)に手当てをしてもらうが、そこで少し話をしただけの彼に後日突然告白される。人を好きになれない自覚のある伸彦は、誰とも付き合う気はない。だがすぐに人を好きになる禄朗に興味を覚え、友人としてならいいと答えてしまい!?恋を知らない伸彦と惚れっぽい禄朗の年下攻ラブ。

<コメント>

冬子さんに貸して頂いた本です。いつもありがとうございます!

(o・ω・)ノ))

「不実な男」というタイトルに、すっかり騙されました。

てっきり、ワルでヤクザっぽい男が攻めで登場で、主人公で気弱な受けがくるくるする話かと思ったら・・

きゃー主人公が不実だった。というより、不実だと思いこんでいる、世間知らずでウブな男の初恋の話だった!!!(゚ロ゚屮)屮

いいですねえ。。ウブな男!ツボかも。。。

ウブだという自覚がないウブな男!何に関してもまじめに悩んでます。

「不実な男」「厄介な男」どちらも、ウブ男が主人公で、ウブ男視点なので、恋することができない欠陥人間だと自分のことを責めますし、禄朗のまっすぐな恋心に答えることはできないからと、禄朗に悪いとおもっています。

そこが禄朗につけいられる所だとわかっていないウブさが、いいです。禄朗でないですが、30男なのにかわいいです。。

最初は、自主性のないなんてへたれた主人公だとおもっていたけど・・

話がすすむについれ、その世間しらずなところとか、世間ずれしたものの考え方が、妙にかわいらしくなっていきます。

最後の短編は禄朗視点なので、優しげなのに実はSでじらしの攻めキャラだと作者に暴露され、苦笑を誘います。久我先生、このノリが関西です!くーくせになりそう・・(≧∇≦)

面白い作品紹介してくださって、冬子さまありがとうでした!

また(=´ー`)ノ ヨロシク

「落花の雪に踏み迷う」久我有加

511xrsq3v1l__ss500_ 「落花の雪に踏み迷う」久我有加

<あらすじ>

母は街一番の美貌を謳われた芸妓。その母に生き写しの橋本廉(はしもとれん)は、客として花街にやってきた学生・近本達臣(ちかもとたつおみ)と出会い、急速にひかれあう。ふたりは街を出て共に暮らそうと誓いあうが、約束の日、達臣は現れなかった。桜の花弁舞う中、廉はいつまでも待ち続けた―。その日から二年。達臣を忘れ、街で生きることを決めた廉は、娘を買いに訪れた寒村で、鉱山社長となった達臣と再会する…。著者初の時代物、大正花街純愛節。

<コメント>

夏休み推薦課題図書としてお勧めします!うわさには聞いていたのですが、未読の中から取り出してよみましたら・・

くー、すごくよかったです。久我先生の作品は、関西弁でかかれてますが大正ロマンスっぽいはんなりとした雰囲気をかもし出して、すごくよかったですねえ。。

天涯孤独で花街で育てられた廉が、達臣に捨てられたことからやっと立ち直って2年。人買いとしてはじめて村に娘を買い付けにいく廉が、寒村で炭鉱の抗夫を集めている達臣と再会するところから始まります。

うそつき、裏切り者とののしりの言葉をつぶやいていなければ、再び達臣に傾いて行く心をとめられない廉。

花街で誰からも必要とされていなかった廉がはじめて好きになった達臣なのに、約束は守られず、ひどく傷ついて、その傷はいえることがなくて、廉の苦しみが今だ続いているところが、痛いですねえ。。

達臣は、毎週かかさずこの二年間手紙を出し続けたというのに、届くことのなかった手紙。またうそをつかれたと、廉は達臣の前から去ろうとしますが、そのとき強引な達臣の遣り方に反対する男が達臣をおそい、彼をかばって刃の下で倒れる廉

廉を失うかと絶望する達臣の姿をみた廉は再び彼を信じることを告げるのです。

後半は、一緒に暮らすようになったのに、相変わらず非道な仕事を続け敵を作り続ける達臣との間に溝を感じ、一緒にいるのに寂しく思う廉ですが、達臣の役に立ちたいと廉なりにがんばります。

達臣は達臣で二度と廉を失いたくないと、廉を閉じ込めてしまうし。

二人のすれ違いが、お互い思いあっているだけに切ないです。達臣の甘言に乗せられ父親が炭鉱で辛苦をなめさせられたと恨んだ少年に再び狙われ、廉が達臣をいさめながらも、達臣の廉を失いたくないという強迫観念のような恐怖も初めて理解します。

達臣を守り、一緒に仕事をすることで二人のきずなが深くなります。

時代背景は大正ロマンスですが、働く大人の男のお話で、読後感もすっきりです。

「短いゆびきり」久我 有加

31645554 「短いゆびきり」久我有加

<あらすじ>

短いゆびきりは、決して違えない約束のしるし。かつて一度だけ“短いゆびきり”を交わした八つ年下の幼馴染み・昇と、敬祐は十二年ぶりに再会する。小学生だった昇は、強面の大学生に成長していた。父は亡くなり母は妹の嫁ぎ先に同行し、気づけば一人になっていた敬祐。昔のように懐いてくる昇と過ごす時間を何より心地よく感じ始めるが、それは寂しいだけが理由ではなくて…?年下攻リトル・エンゲージ・ラブ。

<コメント>

初の久我作品です。大阪弁の作品という噂はきいていたのですが、大阪弁て聞いているぶんには、テンポ良く心地良いけど、文章になったらしつこくないか?と心配していたのですが・・・●昼の月とか・・^^;

久我作品、すごく気持ちよかったです・・大阪弁だけど、ぜんぜん下品でないです。(イメージが、ほら大阪弁て漫才で、下品って感じが・・^^;)

むしろ会話のリズムがすごくテンポよくって、すんなり感情が入ってきました。

話の内容は、いたって地味です。^^;

主人公は敬祐は、会社の中でも雑用係で、窓際族のような庶務課。

片や幼馴染みの昇は、哀しい生いたちではあるが、しっかりと自立して自分の足で立っている等身大の大学生です。

派手なところは無い代わりに、気がつくと読後じんわりとくるような暖かさが胸に残ります。

後半、ライバルとして弟が出て来ますが、昇の弟との確執、弟は兄への嫉妬が、淡々とかかれてでも、そういう事ってあるよなあと、身につまされます。

弟君が全くの悪者でないだけに・・

昇や敬祐の生き方は、努力だけではどうにもならないいろんな人生の課題に対しての、作者のきまじめな態度そのものなのでしょう。作者の人柄がにじみ出ている作品でした。

タイトルの「短いゆびきり」のいわれは、読んで頂いた方がいいでしょう。

短いゆびきりを心から信じていた昇、哀しいです。ゆびきりのくだり、是非、小学校、中学校の道徳の教科書につかってください!(>_<)

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌