カテゴリー

無料ブログはココログ

ひ 火崎 勇(ひざきゆう)

「一秒でも世界は変わる/恋の一秒は千年の忍耐」火崎勇

Issyou_2「一秒でも世界は変わる」

「恋の一秒は千年の忍耐」

<あらすじ>

■一秒でも世界は変わる・・憧れていたデザイナーが所属する広告代理店に入社した翼。独創的なデザインをするその人の本性は、仕事は出来るが何かと自分にちょっかいをかけてくる厄介な人物だった。そんな男・無花果との攻防を続けていた翼は、ある朝目を覚まして呆然とする。裸の自分の隣で煙草を吸っているのは、なんとその無花果。昨夜の記憶はないものの、カラダには明らかな情事の跡…。問い詰める翼に無花果から放たれた一言は「ついうっかり」で―。

■恋の一秒は千年の忍耐・・広告代理店で働く真屋渚には、ずっと片思いをしている男がいた。親友の兄であり、カメラマンとして天性の才能を持ちながら、自由に生きる男・無花果零。真屋はいつも零に翻弄されてばかりだった。高校時代、間違って飲んでしまった媚薬のせいで昂った身体を無理やり慰められ、他人の手で達かされる悦楽を教えられた。その後は身体だけを求められた。最低な男だと分かっているのに気持ちは抑えられなくて…。そんな時、行方が分からなかった零と偶然街で再会して。

<コメント>

お仲間の誠さんが、ブログで千年の忍耐の感想をアップされてまして・・面白かったといわれてたので、元の作品と、スピンオフの千年といっしょに借りちゃいました。

火崎先生の作品て、印象が薄いイメージでしたが・・

この作品で、印象かわりました。スミマセン(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

火崎先生、とっても面白かったですぅ。。

独創的な無花果に憧れているデザイナー翼視点の「一秒・・」は、奔放なデザイナーと思いきや、無花果が陰で努力を積んでいることをしり、遊び人だからキライだと思いこもうとしている翼の印象は、思いこもうとしているのと反比例していい人っぷりが浮き彫りになっていきます。

そして、意外と臆病な無花果。はっきりと告れないので、余計に翼はもやもや。

切ない心情がいいですねぇ・・

そしてそんな翼をささえてくれた無花果の親友真屋渚のお話が、こちら「千年の忍耐」

無花果の兄、零。

好きだと知られれば、縛られるのがきらいな零はきっと離れていってしまうに違いないと、ひたすら思いを隠し続けます。

しかし、零をささえようと必死でオトナになろうとする真屋の純情。

胸がキュンキュン来ますね。

そんな真屋の本気を堪能していただきたいと想います。

未読の方は、是非2冊そろえて読んで頂きたい!!

誠さん、すんごく面白かった!ありがとうございました。

「悪辣で優しい男」火崎勇

31625023「悪辣で優しい男」火崎勇

<あらすじ>

仕事のために手段を選ばない男・不和。悪辣といわれる彼だが、凛とした美貌の斐川にずっと片想いをしていた。そして、酔った彼に告白され、喜びのあまり自分の想いを伝えもせずに、怯える肢体をねじ伏せ犯してしまう。翌日から自分を避ける斐川に、一度は身を退こうとするが、我慢できずに追いつめて―「逃げなけりゃ、俺はここでおまえを抱く」縋り付いてきた彼を、スーツを乱して貪った。これで想いを通じ合わせた、不和はそう思ったが…。酷い男の身勝手で純情な片想い。

<コメント>

稲荷家さんのイラストということで、これまた手にいれた作品です。

火崎先生の書く攻め主人公、へたれていることが多くてちょっと苦手だったんです。こんなご縁がなかったら、読んでいなかったかも・・。(-"-;A ..

タイトルが「悪辣」だから大丈夫かなと読み始めたら・・へたれていました、笑。

悪辣で酷い男だけど、弱気です(´゚艸゚)∴ブッ

強気の攻めのはずなのに、好きになってくれるはずがないと最初から及び腰。ああしたらよかったのだろうかといつも反省してます。

しかも、反省はまったくいかされず、事態は悪化の一途を。(T^T)

斐川とうまくいかず、斐川に似た顧客をつい口説いてしまい、余計話はややこしく。

遊びで抱かれたと勘違いされ、斐川から避けられるし、それなのに、最後は自分は酷い男だからと妙に開きななおって斐川を自分のものにして。

強気なのか、弱気なのかはっきりしてくれ火崎先生!斐川も、いいかげんこんなややこしい男やめとけばいいのに、ほれるとあばたもえくぼなんだよねえ。。笑

:*:・。,☆゚'・:*:・。,・:*:・゚'☆,。・:*: :*:・。,☆゚'・:*:・,。・:*:・゚'☆,。・:*:

さて、今日の怪奇現象は・・笑

昨日のことなんですが。。17時からの会議のため車で1時間の会場に向かっていたんです。 専門職のあつまる会議だったので、遅れないように早めに同僚と出て、半分ほど過ぎたところで・・金属片をふんだような音がして、車の調子が・・

パンクしたかとあわてて路肩にとめてタイヤを点検。でも異常もなく、じゃ行こうかと再び乗り込んだのですが、今度はエンジンがかからない。

とりあえず車は修理業者に取りにきてもらって会議主催者に連絡して迎えに来てもらったんです。

なんとか会議に間に合い、無事おわりましたが、帰りの車がなかったので、事務長に頼んで迎えに来てもらう段取りだったのに、こんどは迎えに行こうとしたら車のバッテリーが上がって動かないと連絡があり・・何かの呪いでしょうか。(;´∀`)

でもまあ、携帯電話の通じるところでの故障だったし、会議には間に合ったし、うち方面に帰る方も参加していたので、帰りは乗せてかえってもらったので、支障はなかったのですが。

いたずらっ子にかき回されたような気分です・・(((;-д- )

狐の仕業?しかも、いたずらっこの子狐ですか?

てへへと頭をかいている稲荷家先生の書くようなツンデレ子狐だったら、会ってみたいなあ。。(*ノ∀^)ノ゛

「コンクリートを破って」火崎 勇

31309189 「コンクリートを破って」火崎 勇

<あらすじ>

腕利きの美容師として順風満帆な道を歩んでいた三海は付き合っていた女の裏切りで仕事も地位も金もすべて失ってしまう。自棄になり泥酔したまま路上に身を投げ出した三海を拾ったのは人肌恋しさに身体の関係を持った相手、中学時代の同級生である囲だった。無愛想で何を考えているのかわからない囲の腕に抱き竦められた瞬間、卒業文集に『コンクリートになりたい』と綴った彼の真意を思い知らされることになった三海だが…。固いコンクリートの下に封じられていたひとつの感情が偶然の再会によって再び息吹きを取り戻す―!!

<コメント>

「ピアスもなかなか読ますものを出してるじゃない」シリーズ第三弾。

えっ、第一弾お忘れ?こちらです。浅見茉莉さん「ウォーターリボン」

第二弾は、もち暁由宇さん「グリーングラス」

そして、これも友人から勧められていた「コンクリートを破って」火崎勇さんですが

火崎作品も、あんまり読んでいないです。これが二冊目かも・・

表題作「コンクリート・・」もよかったのですが、なんと言っても同時収録されている、短編「眠れる花」がめちゃよかったですよ。

「理性では決して答えを出せない狂おしい恋心」もう胸が苦しくなるほど切ないお話でした。

ということで、「眠れる花」をご紹介しましょう。

大学時代から6年来、セフレとしてつきあっている三谷飛鷹(ミタニヒタカ)に、結婚するんだと告げられた主人公小塚亜貴(こづかあき)

最初は、三谷が先輩を好きになり、先輩のかわりに二丁目で誰かを買おうかと言い出したところ、三谷を密かに好きだった小塚は、自分は男にしか興味ないから、自分と寝ようと誘ってしまう。

降谷先輩の身代わりのつもりで、抱かれていたのに、三谷から結婚すると告げられひどく動揺する小塚。

しかし、セフレとしての友人の立ち位置を失いたくないと、三谷に対する気持ちをかたくなに隠し続ける、小塚・・・

くー。三谷への、あふれる恋心がなんとも切ないです。

先輩を追って、先輩と同じ会社に就職した三谷、その三谷を追って、三谷と同じ会社に就職した小塚。

「三谷が結婚するんだってな・・」と上司である降谷先輩からも聞かされ 職場でつい涙をこぼしてしまう小塚。

ラストは、伏せておきましょう。短編なのに、切なくてしかも、ちゃんとエロ満載でした。

なかなかやるな、ピアス・・な作品でした。

その他のカテゴリー

BLGAME BLNEWS PSPゲーム UnitVanilla あ あすか あ アレクサンダー・ヴォイノフ あ 安芸まくら あ 暁 由宇(あかつきゆう) あ 朝丘みなぎ あ 朝丘戻。 あ 洸(あきら) あ 浅見茉莉(あさみまり) あ 秋月こお あ 英田サキ(あいださき) あ 藍生 有(あいお ゆう) あ 阿仁谷ユイジ あ 麻生玲子 い いおかいつき い いつき 朔夜 い いとう由貴 い 一穂ミチ い 五百香ノエル(いおかのえる) い 井上ハルヲ(オハル) い 井村仁美(いむらひとみ) い 今城けい(いまじょうけい) い 伊郷ルウ い 和泉桂(いずみかつら) い 池戸裕子(いけどゆうこ) い 稲荷家房之介(コミック) う うえだ真由 う 海野 幸 う 烏城あきら(うじょうあきら) う 雨月夜道 う 魚谷しおり(うおたにしおり) え 榎田尤利(えだゆうり) え S・E・ジェイクス_ お 大石 圭 お 小川いら お 鬼塚ツヤコ か かわい有美子(ゆみこ) か 可南さらさ(かなんさらさ) か 川原つばさ か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) か 神奈木智(かんなぎさとる) か 神楽日夏(かぐらひなつ) か 神江真凪(かみえまなぎ) か 華藤えれな か 葛城ちか(かつらぎちか) き 北川とも き 杏野朝水(きょうのあさみ) き 桐嶋リッカ き 綺月陣(きづきじん) く クリッシー・マンダー く 久我有加(くがありか) く 久能千明(くのうちあき) く 柊平ハルモ(くいびらはるも) く 栗本薫(くりもとかおる) げ 月東 湊(げっとう みなと) げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) こ 寿たらこ(コミック) こ 木原音瀬(このはらなりせ) こ 駒崎 優(こまざきゆう) ご 剛しいら さ サイクロゼ さ サインイェン(同人) さ 佐伯まお さ 佐倉井シオ さ 坂井朱生 (さかいあけお) さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) さ 桜木ライカ さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) さ 榊花月(さかきかづき) さ 沙野風結子(さのふゆこ) さ 砂原糖子(さはらとうこ) さ 砂床あい さ 紗名マリエ(サナマリエ) さ 西条公威(さいじょうきみたけ) さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) ざ 座裏屋蘭丸 し しいな貴生(しいなたかお) し 愁堂れな し 椎名りりん(しいなりりん) し 椎崎 夕(しいざきゆう) し 白城るた(しらきるた) し 秀香穂里(しゅうかおり) し 篠 稲穂(しのいなほ) し 篠原 美季(しのはらみき) し 篠原まこと(しのはらまこと) じ ジョシュ・ラニヨン す 春原いずみ(すのはらいずみ) す 杉原理生(すぎはらりお) す 菅野彰(すがのあきら) す 鈴木あみ(すずきあみ) す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) す 須和雪里(すわゆきさと) せ 妹尾ゆふ子(非BL) せ 芹生はるか(せりょうはるか) た たけうちりうと た タニス・リー た 橘 伊織 た 橘 紅緒 た 橘みれい た 立花一樹 た 谷崎泉(たにざきいずみ) た 高尾ふゆ希(コミック) た 高岡ミズミ た 高嶋上総(コミック) た 高遠琉加(たかとうるか) た 鷹守諫也(たかもりいさや) つ 月上ひなこ つ 月夜野亮(つきよのあきら) つ 月村 奎(つきむらけい) つ 椿めい と 十掛ありい(とがけありい) と 塔栄のりこ と 遠野春日(とおのはるひ) と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) な ななおあきら な ナツ之えだまめ な 七地寧 な 七宮エリカ な 中原一也 な 凪良ゆう な 夏乃穂足 な 夏井遥子 な 成宮ゆり(なりみやゆり) な 成瀬かの に 西尾維新 は 早瀬亮 は 波奈海月(はなみずき) は 花郎藤子(はないらつふじこ) は 萩野シロ(はぎのしろ) は 馳崎ル子 は 鳩村衣杏(はとむらいあん) ば バーバラ片桐 ひ ひちわゆか ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) ひ 廣瀬 航 ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) ひ 樋口美沙緒 ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) ひ 火崎 勇(ひざきゆう) ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) ふ 藤崎都 ふ ふゆの仁子 ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) ふ 椹野道流(ふしのみちる) ふ 淵井鏑 ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) ほ 本庄咲貴(ほんじょうさき) ま 丸木文華 ま 松前侑里(まつまえゆり) ま 松殿理央(まつどのりお) ま 松田美優(まつだみゆ) ま 松野たば子 ま 真崎ひかる ま 真瀬もと(ませもと) ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) み 三浦しをん み 宮本佳野(コミック) み 水原とほる み 水壬楓子(みなみふうこ) み 水無月さらら み 湊川理絵(みなとがわりえ) も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) も 桃さくら や 夜光花 や 山藍紫姫子 や 矢城米花(やしろよねか) や 矢萩貴子(やはぎたかこ) ゆ 結城一美 ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) よ 依田沙江美(コミック) よ よしながふみ(コミック) よ ヨネダコウ(コミック) よ 吉原理恵子 よ 吉田珠姫(よしだたまき) よ 義月粧子(よしづきしょうこ) ろ ロビン・ホブ(非BL) ろ 六本木曜 ろ 六青みつみ わ 渡瀬悠宇(コミック) わ 渡海奈穂(わたるみなほ) アンソロジー オヤジ犬愛玩同盟 トンデモ本 日記・コラム・つぶやき 雑誌

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31