カテゴリー

無料ブログはココログ

う うえだ真由

「8年目の約束」うえだ真由

316606x1qel__sl500_aa180__2  「8年目の約束」うえだ真由

<あらすじ>

中沢千波(なかざわちなみ)には忘れられない人がいる。親友の榊晴一(さかきはるいち)に告白され一度だけ身体を重ねた高3の夏。幸せだったその日に起きたある事件をきっかけに、千波は晴一との約束を破ってしまう。晴一との連絡が途絶えて8年、千波は晴一のことを想い続けていた。そんなある日、千波の勤める小学校に晴一が現れる。晴一と過ごすたび、千波の恋心は強くなり…。

<コメント>

2005年7月出版の少し前の作品ですが、じれったさ具合が気持ちよかったです。

お互いを好きなままで、周囲の状況で別れざるを得なかった高校生の気持ちを封印し、過去の事だと忘れようとしている主人公千波のもとに、8年たってからふらりとあらわれた晴一。

過去のことは何も語らず、自分のことも何も語らず、ただのんびりと友人達と飲み歩き、千波のもとに通ってくる晴一に、封印していた想いがあふれ出し。

家族を傷つけたくない、自分には晴一との未来はうまくいくはずないとあきらめたはずなのに、高校時代と変わらない晴一の優しい笑みに、だんだんあの時と同じように惹かれていく心をおさえきれなくなります・・

このどんどん気持ちが晴一にむかって加速していく恋心がせつないです。仕事や、家や家族を放り出せないまじめな性格の千波。

すべてをすてて追いかけてほしいと後半お祈りするような気持ちで読みました。

うえだ先生を、今度から「じらしの女王」と呼ばせていただきましょう。(。-∀-)

「ブラコン処方箋」うえだ真由

32068531 「ブラコン処方箋」うえだ真由

<あらすじ>

和紀の勤める大学病院に新任の医師がやってきた。三つ年上のその男・京悟は、手術の腕にも容姿にも自信のあった和紀のプライドを軽く刺激する存在だったが、頼りになる先輩に和紀はすぐに懐いてゆく。ある日和紀は酔った弾みで弟と親友が恋人同士であることを漏らしてしまう。だが—「男同士って不幸かな?」そんな台詞を返してきた京悟はさらに意外な行動に出て!?「Missing You」の優奈の兄・和紀の恋物語。

<コメント>

優奈の兄ちゃん登場です。やっぱり「Missing You」と一緒に読んで頂いた方が、楽しめます。

たびたび優奈と克治の邪魔をしていた兄ちゃん和紀でしたので、二人を認めているかと思えば、こちらでもいつ、別れて帰ってきても良いように、大丈夫かと電話をいれては、うっとうしがられます。

そんな頑固で、かたくなな和紀に現れたのは、もっと大人の先生でした。

優奈と和紀の間にはいり、祝福してあげるように取り持っています。

いつも優奈を守っていた和紀の役割は、克治に渡してもいいと決心をすることができ、京悟に感謝することができるようになった、和紀は一歩大人になったのですが、その分京悟に心を開き、甘えさせてもらう気持ちよさを教えてもらうこととなります。

懐の深い京悟先生がかっこいいですね。怒らせたら怖そうですけど。。(笑)

「MissingYou」うえだ真由

31996866 「MissingYou」うえだ真由

<あらすじ>

幼い頃の事故のせいで片脚が不自由な優奈。事故に責任を感じ、大人になっても優奈の世話を焼き続けている克治。互いに惹かれ合う二人だが罪悪感から恋心を打ち明けることもできぬまま、不自然な関係を続けていた。だがある日、優奈の兄・和紀に克治の気持ちが知られてしまう。克治の親友でもある和紀は大激怒。克治に、職場から再三出ているアメリカ転勤の話を受けるよう強要するが…?ドラマティック・ラブ。

<コメント>

足をいためて障害者になっても健気にがんばるキャラに弱い、弱い。笑

うえだ作品で「片足が不自由」というだけで、買ってしまった作品です。

ここにもいました、ブラコン兄!

BL界ではやってるんですか?昨日の「瞳をすまして」でも恋路を邪魔するブラコン兄が登場しますが、こちらにも登場します。

弟の幸せのためには、ホモはいかんと恋路を邪魔する嫌な兄です。

でも結局弟を愛している気持ちからという免罪符で、邪魔したことを主人公カップルは許すのです。。はるは、許せません。あんたは花嫁の父親か!笑

一般的に人の恋路を邪魔するやつは、馬にけられて死んでしまうんですよ。笑

はるはこの兄が嫌いなのに。。理不尽です!次の作品「ブラコン処方箋」の主役におさまりやがって。。しかも、ホモはダメだといいながら、あんたが掘られてるし(*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ

さて、本編ですが、克治が弁護士になったのも、優奈を経済的に支える為だし、告白はしないつもりでした。自分は一生独身で優奈の幸せを見守っていきたいという、なんともあふれんばかりの優しさですが、優奈はそれが怪我をさせた責任を感じてしている行為だからと、こちらも告白できないし、素直に甘えることができません。

そのあたりのじれったさが、この作品のいいところです。じれじれをじっくり味わってください。

その分二人が思いを通じ合わせて、いっしょに歩き出したときの幸せ感が、なんとも言えず心をあたためます。

はる的には、克治をアメリカに行かせる為に優奈が自立するからと克治の送り迎えを断って、無理して電車で帰っているときに、ぶつかられて階段を転げおちるところが、壷でした!

すみません。すみません。障害者団体から抗議されそう。。痛む足を引きずってそれでも健常者と同じようにできるんだ、とがんばる姿が、健気で好きなんだもん・・(*_ _)人

「ロマンスの黙秘権」うえだ真由

51rkh5sqml__ss500_ 「ロマンスの黙秘権」うえだ真由

<あらすじ>

恩師の紹介で貧乏法律事務所に助っ人に来たエリート弁護士の准己。気は進まなかったものの引き受けた理由は一つ、大学卒業後もなぜか忘れられずにいた啓がいたから。だが想像以上に仕事内容はお粗末、環境は劣悪で、肝心の啓とも方針が合わずに口論ばかり。普段は傲慢な准己だが啓にはどうしても強く出られない。そんな時、所長の田上が倒れ、二人でワケありの事案を担当することになり…。弁護士シリーズ開幕。

<コメント>

おもしろかったです。なんといっても、計算高く割の合わない仕事をしたくないというエリート弁護士准己なのに、人情弁護士の啓の仕事ぷりにイライラしながらも、誠実な人柄や仕事ぶりにひかれているというツンデレともいえる設定がよかったですねえ。。

三冊ありますが、一冊めは准己視点なので、啓に傾倒していく戸惑いや、無意識のうちに啓の姿を追っている思慕がせつなくていいですねえ。。

二冊めは、啓視点でどうも准己は、自分に優しいようだと気がつきました。遅い!(笑)

三冊めも、どちらかというと啓視点なので、准己の態度に啓がやきもきさせられます。

弁護士のお話なので、冤罪、離婚問題、自己破産と、身近で起こりそうな問題なだけに、ためになります。(笑)

設定だけで仕事をあんまりしない弁護士BLではなく、この作品はちゃんと仕事させてますよ。弁護士の仕事ってこういうことをしてるんだってお勉強になりますね。

ただ、三巻の自己破産には、悪徳闇金融のヤクザがからむから、啓が拉致監禁されるかと期待していましたが・・(笑)、准己が刺されたからよしとしましょうか・・^^;

今回ディアプラスにしてはインパクトのある表紙ですが、中身はいつものほんわか系です。

読ませます。ストリーの面白さでぐいぐい引き込まれます。

三冊でています。それぞれ独立していますが、是非三冊まとめての一気読みをおすすめします。

「じれったい衝動」うえだ真由

Photo_112

「じれったい衝動」うえだ真由

<あらすじ>

友啓は、犬猿の仲である上司の宮前の秘密を知っている。社内一業績の悪い営業一課に勤める友啓は、毎日のように営業統括の宮前から、文句の電話がかかってきていた。「本社のエリートに現場で働く営業マンの事情がわかるはずがない」勢い余ってそう言ってしまった友啓の前に、後日本当に宮前が異動してきた。クールで厳しい宮前にストレスを溜めていた友啓は、偶然宮前の秘密を知ってしまってから、宮前を見る自分の目が今までとは違うことに気づいて…。

<コメント>

スノーファンタジアでじれったかったので、続いてじれったい作品を探していたのですが。。タイトルに、わざわざ「じれったい」とあるぐらいだから、これはなかなかのじれったい作品だろうと読んだら。。

じれる、じれる。ここまでじれったい小説をよんだことがないってぐらいじれったいです。

仕事もそこそこできるかっこいい主人公なのに、本社から移動してきた上司、宮前を前に翻弄されています。

恋愛感情をぶつけ、2人だけの時には乱れてくれるのに、会社では毛の先ほどもそんなそぶりもなく、自分のことをどう思っているのかわからず、友啓は、じれます。

じれじれ・・じれじれ・・

どんどん残りページはすくなくなるのに、まったく宮前の本音がわからないままで、このまま終わるのかと思うほど、じれます。

今計算してみますね・・250ページ中、じれるのが226ページ・・

なんと、じれる率は96%ですよ。のこり26ページほどで宮前の本音を引き出してハッピーエンドです。よかった・・ちゃんと終わって。

BL誌上、96%のじれる率は、最高値ではないでしょうか?

キングオブじれったいかもしれない。。笑

「スノーファンタジア」うえだ真由

Photo_108

「スノーファンタジア」うえだ真由

<あらすじ>

里央は親友の陽史に密かに想いを寄せていた。だが陽史の恋人が半年間の留学に出発した日、見送りに行ったふたりは事故に遭い、陽史が記憶喪失になってしまう。彼女の存在も忘れた陽史は、親身に面倒を見てくれる里央を自分の恋人だったと思い込む。ずっと叶わぬ恋だと諦めていた。でも、ひとときでも陽史の恋人になってみたい―。その気持ちに抗えず、里央は陽史のキスを受けてしまい…。罪と愛の幻想曲。

<コメント>

はじめて拝読させていただきました。うえだ作品・・切ない!胸がきゅいん、きゅいん、もう心筋梗塞か狭心症か、こりゃ救急車を呼ぼうかと思うぐらいきます。

あらすじや、アマゾンの書評で泣けるとか、胸が痛いとか、切ないとか噂は聞いていたのですが、死にネタじゃなきゃ大丈夫よねって気軽に読み始めて・・・・

読み終わるまで、途中休憩も入れられないし、読むのを止められなかったです。

主人公の葛藤と罪悪感と、後悔と、それでも求めずにはいられない恋慕・・・・どうなるこの二人とはらはらしっぱなしでした。

恋人に送るために買っていたペンダントを、里央へのプレゼントだと思いこんでそれを里央に渡し、それを身につけないといけなくなった里央の複雑な胸の痛みが・・・

本当の持ち主黎子への罪悪感と、それを買った時の陽史の気持ちや、それをもらう立場ではないのに、身につけている背徳感・・せつなすぎます。

プレゼントをうらやましいとおもって横からかっさらっても、自分のために買ってくれたプレゼントでなければ嬉しくないと、手に入れてはじめて気づく里央。

陽史への気持ちがあっても、かりそめの恋愛だとわかっている里央は本当に喜ぶことができなくなりどんどん、追いつめられます。

アイデアも、文章も申し分なし!

他の作品も是非読んでみたくなりました。おっかけますよ!!うえだ真由様!

その他のカテゴリー

BLGAME BLNEWS PSPゲーム UnitVanilla あ あすか あ アレクサンダー・ヴォイノフ あ 安芸まくら あ 暁 由宇(あかつきゆう) あ 朝丘みなぎ あ 朝丘戻。 あ 洸(あきら) あ 浅見茉莉(あさみまり) あ 秋月こお あ 英田サキ(あいださき) あ 藍生 有(あいお ゆう) あ 阿仁谷ユイジ あ 麻生玲子 い いおかいつき い いつき 朔夜 い いとう由貴 い 一穂ミチ い 五百香ノエル(いおかのえる) い 井上ハルヲ(オハル) い 井村仁美(いむらひとみ) い 今城けい(いまじょうけい) い 伊郷ルウ い 和泉桂(いずみかつら) い 池戸裕子(いけどゆうこ) い 稲荷家房之介(コミック) う うえだ真由 う 海野 幸 う 烏城あきら(うじょうあきら) う 雨月夜道 う 魚谷しおり(うおたにしおり) え 榎田尤利(えだゆうり) え S・E・ジェイクス_ お 大石 圭 お 小川いら お 鬼塚ツヤコ か かわい有美子(ゆみこ) か 可南さらさ(かなんさらさ) か 川原つばさ か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) か 神奈木智(かんなぎさとる) か 神楽日夏(かぐらひなつ) か 神江真凪(かみえまなぎ) か 華藤えれな か 葛城ちか(かつらぎちか) き 北川とも き 杏野朝水(きょうのあさみ) き 桐嶋リッカ き 綺月陣(きづきじん) く クリッシー・マンダー く 久我有加(くがありか) く 久能千明(くのうちあき) く 柊平ハルモ(くいびらはるも) く 栗本薫(くりもとかおる) げ 月東 湊(げっとう みなと) げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) こ 寿たらこ(コミック) こ 木原音瀬(このはらなりせ) こ 駒崎 優(こまざきゆう) ご 剛しいら さ サイクロゼ さ サインイェン(同人) さ 佐伯まお さ 佐倉井シオ さ 坂井朱生 (さかいあけお) さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) さ 桜木ライカ さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) さ 榊花月(さかきかづき) さ 沙野風結子(さのふゆこ) さ 砂原糖子(さはらとうこ) さ 砂床あい さ 紗名マリエ(サナマリエ) さ 西条公威(さいじょうきみたけ) さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) ざ 座裏屋蘭丸 し しいな貴生(しいなたかお) し 愁堂れな し 椎名りりん(しいなりりん) し 椎崎 夕(しいざきゆう) し 白城るた(しらきるた) し 秀香穂里(しゅうかおり) し 篠 稲穂(しのいなほ) し 篠原 美季(しのはらみき) し 篠原まこと(しのはらまこと) じ ジョシュ・ラニヨン す 春原いずみ(すのはらいずみ) す 杉原理生(すぎはらりお) す 菅野彰(すがのあきら) す 鈴木あみ(すずきあみ) す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) す 須和雪里(すわゆきさと) せ 妹尾ゆふ子(非BL) せ 芹生はるか(せりょうはるか) た たけうちりうと た タニス・リー た 橘 伊織 た 橘 紅緒 た 橘みれい た 立花一樹 た 谷崎泉(たにざきいずみ) た 高尾ふゆ希(コミック) た 高岡ミズミ た 高嶋上総(コミック) た 高遠琉加(たかとうるか) た 鷹守諫也(たかもりいさや) つ 月上ひなこ つ 月夜野亮(つきよのあきら) つ 月村 奎(つきむらけい) つ 椿めい と 十掛ありい(とがけありい) と 塔栄のりこ と 遠野春日(とおのはるひ) と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) な ななおあきら な ナツ之えだまめ な 七地寧 な 七宮エリカ な 中原一也 な 凪良ゆう な 夏乃穂足 な 夏井遥子 な 成宮ゆり(なりみやゆり) な 成瀬かの に 西尾維新 は 早瀬亮 は 波奈海月(はなみずき) は 花郎藤子(はないらつふじこ) は 萩野シロ(はぎのしろ) は 馳崎ル子 は 鳩村衣杏(はとむらいあん) ば バーバラ片桐 ひ ひちわゆか ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) ひ 廣瀬 航 ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) ひ 樋口美沙緒 ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) ひ 火崎 勇(ひざきゆう) ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) ふ 藤崎都 ふ ふゆの仁子 ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) ふ 椹野道流(ふしのみちる) ふ 淵井鏑 ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) ほ 本庄咲貴(ほんじょうさき) ま 丸木文華 ま 松前侑里(まつまえゆり) ま 松殿理央(まつどのりお) ま 松田美優(まつだみゆ) ま 松野たば子 ま 真崎ひかる ま 真瀬もと(ませもと) ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) み 三浦しをん み 宮本佳野(コミック) み 水原とほる み 水壬楓子(みなみふうこ) み 水無月さらら み 湊川理絵(みなとがわりえ) も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) も 桃さくら や 夜光花 や 山藍紫姫子 や 矢城米花(やしろよねか) や 矢萩貴子(やはぎたかこ) ゆ 結城一美 ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) よ 依田沙江美(コミック) よ よしながふみ(コミック) よ ヨネダコウ(コミック) よ 吉原理恵子 よ 吉田珠姫(よしだたまき) よ 義月粧子(よしづきしょうこ) ろ ロビン・ホブ(非BL) ろ 六本木曜 ろ 六青みつみ わ 渡瀬悠宇(コミック) わ 渡海奈穂(わたるみなほ) アンソロジー オヤジ犬愛玩同盟 トンデモ本 日記・コラム・つぶやき 雑誌

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31