カテゴリー

無料ブログはココログ

す 春原いずみ(すのはらいずみ)

「緋色のフレイム」春原いずみ

51mp2xvbvml__ss500_ 「緋色のフレイム」春原いずみ

<あらすじ>

執拗な無言電話と白紙の手紙―ストーカーに悩む会社員の広谷は、ある日隣人の三輪と出会う。自称“究極の正義の味方”は、元SPの私立探偵。事情を知って「おまえは俺が守る!」とボディーガードに立候補!!飄々としつつも強引な三輪に押し切られ、広谷は彼の部屋に隠れることに。初めは、四六時中見張られ鬱陶しがっていた広谷だけれど、次第に三輪の温かさに惹かれ…。

<コメント>

春だ!つくしだ!春原祭り!

ということで、今日も春原先生の作品です。古い!1999年7月発刊作品です。

フレイムというから、写真家の話だと思いこんでいました。フレイムは、フレームの方でなく炎のフレイムでした。

ということで、心の色を見ることが出来る主人公が登場します。

心の奥底のどろどろとした感情を読み取る息子を気味悪がる両親。疎まれながら育った広谷は、ひどく人間不信です。

作中に人を待たせるのは嫌いだというシーンがあるのですが、顔はニッコリ笑顔なのにどす黒い不快な感情が生まれてくるから嫌いだと、いつも走ってきます。

人間の裏と表、本音と建前を見せ付けられてきた子供は、そりゃおびえるし人間に対して不信感をもちますよ。

たまたま見えないストーカーの残留思念に疲弊しきっていた広谷を救ったのは同じ階に住むSPなのですが・・

広谷の警護をしてくれることになるいきさつが、やや無理やりですけど・・(´ヘ`;)

まあご愛嬌。アラブほどの違和感はないですから。。笑

表裏がなく、善意だけで助けてくれようとする三輪に、だんだん心を開いていく広谷。

ストーカーの魔手も近づき、三輪と一緒に生活するようになり、三輪がだんだん広谷を避けるようになった頃、三輪の心に緋色の炎を垣間見ることに!

感のいい読者は、それが恋心と察しますが、人間不信の広谷は、気が付きません。恋愛未体験だし、、、笑

三輪を傷つけたくなくて、ストーカーに追い詰められたときに助けを呼べない広谷、切ないです。自分さえ犠牲になったら三輪を助けられると、自分からストーカーのもとに。

きゃーはるの萌えつぼ「自己犠牲」

初期の作品なので、キャラの動きのたどたどしさはいなめませんが、それでも春原先生らしい主人公の細やかな心の動きの描写が、とてもいいです!.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.

「タンゴ・ノワール」春原いずみ

31482059_2 「タンゴ・ノワール」春原いずみ

<あらすじ>

かつてクラシックバレエ界で名を馳せた伶は、膝の故障が原因でタンゴダンサーへと転向する。伶にタンゴを教えこんだのは、南米で日系三世として生まれた暮林だ。官能的なタンゴの調べと暮林の柔らかな束縛に、伶は流されるままの日々を送るしかできない。だが、若さと情熱が溢れるヴァイオリニスト・弓原とのドラマティックな出会いが、伶の気持ちを揺さぶるようになり…。

<コメント>

2005年02月の作品です。こういう、すごい掘り出し物があるから、古い作品もよみかえしてみないといけませねえ。。。( ̄^ ̄/)

転倒事故により膝をいためた伶は、それでも復帰したいと苦しいリハビリを続けやっとバレエ界に復帰したが、そこには厳しい現実が。

いたたまれなくなり、数ヶ月でチームを去り、他のバレエチームのオーディションをうけてまわっていたところを、暮林に拾われます。

傷つき、自信をなくしずたずただった伶を、タンゴの世界に導き、庇護し大切に育て傷ついた心を癒すので、玲は暮林に絶対的な安心感を抱くようになります。

そこへ、若さと情熱溢れるヴァイオリニスト弓原の登場!

全体の構成なんか気にしない、好きだから弾くんだと自由にヴァイオリンを躍るように操る才能豊かな、弓原に惹かれます。

若々しく、真っ直ぐで一途な弓原とは、対等に話ができ心が安らぎます。

暮林とのぎちぎちに拘束されるような主従関係と、包み込むような弓原との恋愛関係、どちらを選んで良いのか、自分が求めているのは、誰なのか玲にもわからないので、弓原と良い感じになったとおもえば、暮林と熱いタンゴをおどったり・・・揺れる乙女心です。。(* v v)。

しかし、暮林は玲が揺れることを許しません。

暮林と躍る時に、自分以外の事を考えるようなら何度でも床にたたきつけてやるというセリフ、ゾクゾクします。

ここまで傲慢な愛の前には、弓原の若い情熱もかすんでしまいそうです。

ラストで玲は、どちらを選ぶかは、読んでのお楽しみ。

弓原も並はずれた才能の持ち主なのですが、暮林のカリスマ性の前ではまだおこちゃまねって・・笑。

さあ、読者もいっしょに揺れましょう。

暮林の手をとるか、弓原の手をとるか・・O(≧▽≦)O ワーイ♪

「天使が降りてくる夜に」春原いずみ

Photo_170 「天使が降りてくる夜に」春原 いずみ

<あらすじ>

初雪の舞うクリスマスの夜、姿田有季は津城祥貴と出逢う。涙と雪で濡れた唇に優しいキスが降りてくる。後日、有季は赴任先の学校で再び祥貴と出逢う。自分の生徒に涙を見られ唇を奪われた。彼の視線はまっすぐ僕を見つめる。弱い心も見るように。僕は彼の視線に応えられない。強くなりたい。二人の想いを弄ぶような天使の悪戯…。春原いずみが貴方に贈る、センチメンタル・ラヴストーリィ。

<コメント>

大阪オフ会の戦利品の一つです。作品としては・・内容はありふれた物かもしれないですが、なんと言っても春原いずみデビュー作という、珍しいものだったので、つい買っちゃいました。

ムービックGENKIノベルズの前身で、「元気読本EX」です。厚みは今のSHYノベルズ程度です。
春原さんのHPで確認すると、ムービックへの投稿作だそうですよ。すごい!
実に6稿まで出して、プロの厳しさを存分に味わった(笑)1冊。

高校生と教師カップルですが・・失恋の痛手に涙している教員が高校生だとわからず慰められたという出会い。はじめて赴任した高校で遅刻して入ってきた生徒をみたら、てっきり自分より年上だと思っていた一夜の思い出の人が、自分の教え子とは!驚愕!

よほど落ち着いた生徒と、童顔の教師だったのでしょう。。(笑)

教師も生徒もお互いのことを好きだと思っているけど手を出すことにためらっって・・じれじれする作品でした。(笑)

でもこれがあっての名作「逢えるかもしれない」が生まれたんですね。

感慨深し!

しかし、はるとしましては、そちらよりもこっちの方に驚きました。

なんと!春原いずみさんの春原は、「すのはら」と読むとは今の今まで知りませんでした。

BL業界のPNの不可思議について、常々なやまされていたのですが・・

「すのはらいずみ」でピンと来る人は、かなりの通でないでしょうか^^;

(自分の不勉強を棚上げにしてるのかもしれないですが・・)

お勉強になりました。でもすでに脳内へは「ハ行」でインプットされた作家名、もう変えられませんf^^;)

「逢えるかもしれない」春原いずみ

Photo_94

「逢えるかもしれない」春原いずみ

<あらすじ>

喜多野記念病院の整形外科医、吉永辰也は、多少短気だが優秀な医師。そんな彼の前に現れた新任の内科医、内海尚之は、その美貌とは裏腹に辛辣な言葉をはき、二人は犬猿の仲と噂される。そんなある日、治療中内海が右肩を脱臼するという事件が起きる。それが習慣性の脱臼と見抜いた吉永は、内海に手術を勧めるが、頑なに拒否される。次第に内海に惹かれ始める吉永は、何とか説得しようと試みるが…。メディカル・ラブストーリー決定版。

<コメント>

きれいなドクターは好きですか?ちわ!はるです。

いやあ、BL界におけるお医者さんてキワモノがおおいでしょう。主人公にしても脇役にしても・・笑

しかし春原いずみさんのこのシリーズは、よませます。人間味あふれる等身大(ちょっと8頭身)の誠実なお医者さんが登場して、みなさん真摯に患者さんの治療につとめています。

他にもお医者さまを扱ったBLってありますが・・これは一番、好感がもてました。さすが春原さんが医療従事者だっただけあります。

実際にいたんでしょうね。こういうお医者さまたちって。まあそのままじゃないにしても。

うっとりです。一緒に仕事してみたい!

できないけど、オペの器械出しとか・・手術の道具を渡すあれですよ。

「コッヘル!」「はい!(ぱしゅっ)」

「汗!」「はい!(ふきふき)」

いや、想像ですが・・^^;

忙しい診療の合間をぬって逢瀬を重ねるのも、患者やナースとのトラブルも、なんだか実話っぽいです。

しかしながら、医療ルポじゃないんですから、現実をソフトなBLフィルターでカバーしていますので、医者嫌い、手術嫌い、医療専門用語嫌い(笑)でも、大丈夫!(あくまでもソフトですので、濡れ場を探さないように・・)

内海も、吉永も勤勉で熱心な普通の青年医師です。神の手は持ち合わせていなくても、患者のために全力をつくしている姿に萌えます・・笑

しかも、内海先生は、美人です!

自分の肩の故障のことに悩むプライドのたかい美人の姿は、美味しいです!

吉永先生でなくても、どうにかしてやらなくちゃと思うでしょうが、庇護されるような弱っちい美人でないので、吉永先生も悩みます。

BLとして、吉永と内海の信頼関係が、一冊を追うごとに深くなり、うらやましいほどです。大人のBL本でした。

ヒューマンドラマです。シリーズは全部で4作品ありますが、それぞれ登場人物の成長が見られどのお話も面白い!!ついでに、あらすじを紹介しちゃいますね!

内海の弟・樹が骨腫瘍になり、入院したことから二人の関係にズレが生じ始める。病への恐怖から、それまで隠し続けてきた吉永への思慕を募らせる樹。そして、その想いを無下にはできない吉永。内海は、そんな二人の姿を見て、次第に不安に駆られていき…。すれ違う愛がもどかしいメディカルラブ第2弾、「夢の扉」

二人の勤める佐倉総合病院に、留学から帰国したばかりの整形外科医・春谷が赴任してくる。だが、スマートでやり手の春谷は、あっという間に院内の信頼を集め、専門の重なる吉永の存在を脅かしていく。やがて、行き詰まっていく吉永は重大な問題を起こし―!?内海は、あてどない心の迷路にさまよう吉永を救えるのか―。大病院を舞台にした華麗なるメディカルラブ第3弾「鏡の迷路」

整形外科希望の実習生を受け入れることになった吉永は、彼女が同僚の異母兄妹・恵実だと知る。どこに行くにも吉永にべったりくっついている恵実のせいで、内海とはすれ違いばかり。そして、内海には恵実の異母兄・春谷が接近して!?メディカルラブ第4弾「夢のある場所」

はるのいちおし「春原いずみ」(早口言葉かい!^^;)

その他のカテゴリー

BLGAME BLNEWS PSPゲーム UnitVanilla あ あすか あ アレクサンダー・ヴォイノフ あ 安芸まくら あ 暁 由宇(あかつきゆう) あ 朝丘みなぎ あ 朝丘戻。 あ 洸(あきら) あ 浅見茉莉(あさみまり) あ 秋月こお あ 英田サキ(あいださき) あ 藍生 有(あいお ゆう) あ 阿仁谷ユイジ あ 麻生玲子 い いおかいつき い いつき 朔夜 い いとう由貴 い 一穂ミチ い 五百香ノエル(いおかのえる) い 井上ハルヲ(オハル) い 井村仁美(いむらひとみ) い 今城けい(いまじょうけい) い 伊郷ルウ い 和泉桂(いずみかつら) い 池戸裕子(いけどゆうこ) い 稲荷家房之介(コミック) う うえだ真由 う 海野 幸 う 烏城あきら(うじょうあきら) う 雨月夜道 う 魚谷しおり(うおたにしおり) え 榎田尤利(えだゆうり) え S・E・ジェイクス_ お 大石 圭 お 小川いら お 鬼塚ツヤコ か かわい有美子(ゆみこ) か 可南さらさ(かなんさらさ) か 川原つばさ か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) か 神奈木智(かんなぎさとる) か 神楽日夏(かぐらひなつ) か 神江真凪(かみえまなぎ) か 華藤えれな か 葛城ちか(かつらぎちか) き 北川とも き 杏野朝水(きょうのあさみ) き 桐嶋リッカ き 綺月陣(きづきじん) く クリッシー・マンダー く 久我有加(くがありか) く 久能千明(くのうちあき) く 柊平ハルモ(くいびらはるも) く 栗本薫(くりもとかおる) げ 月東 湊(げっとう みなと) げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) こ 寿たらこ(コミック) こ 木原音瀬(このはらなりせ) こ 駒崎 優(こまざきゆう) ご 剛しいら さ サイクロゼ さ サインイェン(同人) さ 佐伯まお さ 佐倉井シオ さ 坂井朱生 (さかいあけお) さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) さ 桜木ライカ さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) さ 榊花月(さかきかづき) さ 沙野風結子(さのふゆこ) さ 砂原糖子(さはらとうこ) さ 砂床あい さ 紗名マリエ(サナマリエ) さ 西条公威(さいじょうきみたけ) さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) ざ 座裏屋蘭丸 し しいな貴生(しいなたかお) し 愁堂れな し 椎名りりん(しいなりりん) し 椎崎 夕(しいざきゆう) し 白城るた(しらきるた) し 秀香穂里(しゅうかおり) し 篠 稲穂(しのいなほ) し 篠原 美季(しのはらみき) し 篠原まこと(しのはらまこと) じ ジョシュ・ラニヨン す 春原いずみ(すのはらいずみ) す 杉原理生(すぎはらりお) す 菅野彰(すがのあきら) す 鈴木あみ(すずきあみ) す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) す 須和雪里(すわゆきさと) せ 妹尾ゆふ子(非BL) せ 芹生はるか(せりょうはるか) た たけうちりうと た タニス・リー た 橘 伊織 た 橘 紅緒 た 橘みれい た 立花一樹 た 谷崎泉(たにざきいずみ) た 高尾ふゆ希(コミック) た 高岡ミズミ た 高嶋上総(コミック) た 高遠琉加(たかとうるか) た 鷹守諫也(たかもりいさや) つ 月上ひなこ つ 月夜野亮(つきよのあきら) つ 月村 奎(つきむらけい) つ 椿めい と 十掛ありい(とがけありい) と 塔栄のりこ と 遠野春日(とおのはるひ) と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) な ななおあきら な ナツ之えだまめ な 七地寧 な 七宮エリカ な 中原一也 な 凪良ゆう な 夏乃穂足 な 夏井遥子 な 成宮ゆり(なりみやゆり) な 成瀬かの に 西尾維新 は 早瀬亮 は 波奈海月(はなみずき) は 花郎藤子(はないらつふじこ) は 萩野シロ(はぎのしろ) は 馳崎ル子 は 鳩村衣杏(はとむらいあん) ば バーバラ片桐 ひ ひちわゆか ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) ひ 廣瀬 航 ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) ひ 樋口美沙緒 ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) ひ 火崎 勇(ひざきゆう) ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) ふ 藤崎都 ふ ふゆの仁子 ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) ふ 椹野道流(ふしのみちる) ふ 淵井鏑 ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) ほ 本庄咲貴(ほんじょうさき) ま 丸木文華 ま 松前侑里(まつまえゆり) ま 松殿理央(まつどのりお) ま 松田美優(まつだみゆ) ま 松野たば子 ま 真崎ひかる ま 真瀬もと(ませもと) ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) み 三浦しをん み 宮本佳野(コミック) み 水原とほる み 水壬楓子(みなみふうこ) み 水無月さらら み 湊川理絵(みなとがわりえ) も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) も 桃さくら や 夜光花 や 山藍紫姫子 や 矢城米花(やしろよねか) や 矢萩貴子(やはぎたかこ) ゆ 結城一美 ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) よ 依田沙江美(コミック) よ よしながふみ(コミック) よ ヨネダコウ(コミック) よ 吉原理恵子 よ 吉田珠姫(よしだたまき) よ 義月粧子(よしづきしょうこ) ろ ロビン・ホブ(非BL) ろ 六本木曜 ろ 六青みつみ わ 渡瀬悠宇(コミック) わ 渡海奈穂(わたるみなほ) アンソロジー オヤジ犬愛玩同盟 トンデモ本 日記・コラム・つぶやき 雑誌

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31