カテゴリー

無料ブログはココログ

や 夜光花

「忘れないでいてくれ」夜光花

51hhfefq6kl__ss500_ 「忘れないでいてくれ」夜光花

<あらすじ>

他人の記憶を覗き、消す能力を持つ清廉な美貌の守屋清涼。見た目に反して豪放磊落な性格の清涼は、その能力を活かして生計を立てていた。そんなある日、ヤクザのような目つきの鋭い秦野という刑事が突然現れる。清涼は重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと詰られ脅されるが、仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘してしまう。しかし、逆に激昂した秦野は、清涼を無理矢理押し倒し、蹂躙してきて―。

<コメント>

この作品、あらすじを拝見し、ツボな設定!と、とびつきました。こういう「ナイトヘッド」的なお話大好きなんですよ。(ナイトヘッドご存じない方は・・・ぐぐってくださいf^^;))

すごい能力なのに・・

この能力のことを犯罪組織とかに知られたら、すごくヤバイ存在だとおもうのに・・

わりと簡単に秦野刑事にあかしちゃいました。

あれ?そんなに無防備でいいんか?

じゃ、主人公は記憶を消しちゃう力があるのですが、タイトルが「忘れないでくれ」から推測するに、好きだけど、ヤクザからねらわれて秦野刑事を助けるために、自分を好きだった記憶を消すのか?

と妄想しながらよんだのですが、そんな複雑なラブストーリーではなかったです。苦笑

それより、秦野と力をあわせて事件解決。自分のトラウマになっていた事件も解決することもできたのです。。

ハッピーエンドだったのに、自分の抱いた妄想のほうが面白かったので、かたすかしでした。(;;;´Д`)ゝ

いえいえ、ストーリーは面白かったんですよ。秦野の抱える過去も、主人公のかかえる過去もそれぞれがストーリーに絡み合っておもしろかったのですが・・自分の妄想力がこわい・・笑

妄想力といえば・・

昨夜、はるの夢に宮野真守さんがきてくれました。( ̄ー ̄)ニヤリ

はるのうちの近くで道にまよった、まもちゃんを、駅まで送っていってあげました。

でも、なんでまもちゃん。

べーさんでも、小野Dでも、ひろCでもなく。。日中動くひろCの動画もみたのに、夢にでてきたのは、まもちゃん・・

昨日聞いたドラマCDにも出演していなかったし・・どこに接点が・・

あっ、桜蘭高校ホスト部のコミックをよみました。

それでわざわざ、まもちゃんがきてくれたんですか。無意識下の妄想力が働いてしまいました。

次は是非とも、べーさんと英さんの、ロンハー収録という夢を見てみたいものです。

「凍る月~灰色の衝動」

51b2t1fm2ml__ss500_ 「凍る月~灰色の衝動」夜光花

<あらすじ>

支配する者とされる者…。梁井轟と鳳光陽の関係は、ある「契約」によって成り立っている。その契約がなければ、お互いが死んでしまうという関係は、恋愛感情にも似て、相手に対する依存心と独占欲が日々深まっていた。特に、光陽に対する梁井の執着は激しく、常に光陽を傍におきたがるが、ある時、その梁井がひとりの少女を連れてくる。そして、光陽の前にも謎の青年が現れて…。同じ運命を背負う者に梁井と光陽は翻弄され、お互いを見失ってしまうが…。妖しくもつれ合う感情の真の支配者は誰…。

<コメント>

漆黒の情人紅の契りにつづく、第三段です。黒、赤ときて、灰色です。笑

いやあ、緑とか、黄かなとおもいましたが、まだ続くんでしょうね。無難に灰色をもってきました・・ψ(`∇´)ψ

前回のから少し時間がたっていて、少々記憶が・・岡野麻里安先生みたいに、途中から読んでも大丈夫なのようにあらすじ的な出だしにしてくれたらいいのですが。。

獣と餌との関係とか、組織とか、もろもろ思い出しながら、よみました。

特殊な体質で、獣と契約したら餌になる人物は死なない。。と。

そうそう、これはるのつぼ設定だった。。笑

いくら痛めつけられても、すぐに完治して治ってしまうけど、痛みだけはあって、その痛みは契約者である獣にも伝わるという、とっても都合のいい設定です!

くーどMにはたまらない~(≧m≦)

獣を引っぱりだすため敵組織に捕まるところが一番よかったなんて言ったら、また変態扱いだろうなぁ・・笑

今回、梁井が、かってに女の子と契約してその子を屋敷に連れて帰り、梁井とぎくしゃくするところは、痛くてよかったです。

身も心もいたくしてくれて、夜光花先生ありがとうございます~(≧∇≦)

須王という新キャラも登場し、まだ続きます。次回も是非痛めつけちゃってくださいね。笑

次のサブタイトルは、何いろかなぁ。。笑

「リアルライフゲーム」夜光花

Riaru 「リアルライフゲーム」夜光花

<あらすじ>

華麗な美貌の道田佳宏は、八年ぶりに幼なじみの平良と再会する。学生時代には友人の透矢、翔太を含めた四人でよく遊んでいた。久しぶりにみんなで集まってゲームをしようとの平良の提案で四人は集まるが、佳宏は用意されたものを見て愕然とする。そのゲームは、マスの指示をリアルに行う、人生ゲームだったのだ。しかも、ゲームを進めるにつれ、シールで隠されているマスにはとんでもない指令が書かれていることを知り…。指令:隣の人とセックス―。

<コメント>

みきさんにお願い(-m-)” して借りてしまいました。ありがとう、みきさま~

どこかの書評でいじいじするとあったので、ちょっと皆様の出足を待って読ませて頂きましたが・・・( ̄ー+ ̄)

人生ゲームのリアル版という着目点は、面白かったですねえ。。こんな金持ちの友達がほしい。。(爆)

お金持ちの平良に、リアル版の人生ゲームをしようと持ちかけられ、主人公佳宏は、いやいや参加することになります。

人生負け組の佳宏は、金持ちで成功している友人達に引け目を感じています。

婚約者のいる翔太も、悪い遊びだという匂いを感じ居心地が悪いのに、親友の透矢がこのゲームを楽しみにしているので、嫌だといいだせません。

そう!これは平良×佳宏、透矢×翔太の二つの片思いカップルのお話でした。

無理くり寝るために、手が込んでいるような、ないような・・(笑)

Photo最初は、無理難題のゲームのマスの指令に、借金まみれにして佳宏をがんじがらめにしようとしているのかとおもったら。。。

終盤にむかって、乱交状態に!

そうか既成事実を作っちゃうのか。(爆)

でもさ、佳宏のとまったマスの「右隣の人にフェラチオされる」とあって、関係が深くなる切っ掛けとなるのですが。。

たまたま佳宏がここに止まったから平良が美味しい目にあえたけど・・ここに平良がとまって、翔太にフェラさせようとしたら・・

そりゃ透矢がおこるでしょうねえ。(≧∇≦)

席順は変わることはできないルールでしたけど・・

透矢に「右隣の人とセックスする」なんて出たら。。平良は、どうしたかなぁ・・

まあ作者様という神様の手の上のゲームですから、そんなややこしいマスには止まらないですが。( ´艸`)プププ

人が止まったマスには、他の人はとまれないらしいところあり・・ややゲームとしての突っ込み所をのこしつつも、こうなったら話はどんな風に展開していったろうと読後、想像の余地を残した作品で、そのあたりとても面白い構成だと思いました。

あっ・・あえて不満を言えば、終盤の「フェラする」とか「セックスする」命令に対して、二階に上がってとか場所を変えてとかでなく、正々堂々と参加者の前でしてほしかったはるでした。(爆)

「不浄の回廊」夜光花

Hujyou 「不浄の回郎」夜光花

<あらすじ>

中学生の頃から想い続けた相手は、不吉な死の影を纏っていた――。 霊能力を持つ歩が引っ越したアパートで出会った隣人は、中学の同級生・西条希一。昔も今も霊現象を頑なに認めない西条は、歩にも相変わらず冷たい。けれど以前より暗く重くなる黒い影に、歩は西条の死相を見てしまう。 距離が近づくにつれ、歩のそばで安心して眠る西条に、「西条くんの命は俺が守る」と硬く胸に誓うが‥‥!? 

<コメント>

心霊現象と、死相をもつ恋人を助けるというあらすじに、ふらふらと衝動買いしてしまった、心霊現象好きのはるです。

宜保愛子さんとか、小田無道さんとか、江原さんとか・・

廃屋となった病院の跡地の除霊特集とか夏の風物詩って感じですきでした。

こわいもの見たさですよねぇ・・でも、貞子がテレビから出てくるあれをみてから、テレビでみるのがこわくなりましたよねぇ・・

遠いどこかの心霊現象が、テレビを通じてやってくるっぽくて。。実際にきてるかどうかは、しりませんけど。(゚ー゚;

ゲスト出演者のお部屋が汚れていると透視(?)する江原さんには、テレビの周辺も片づけないといけない気分になるし。。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

ただ、怖い話がすきというより、不思議な話に興味があるので心霊写真とか、怖い話をはるにおくってこなくて、いいですからね。。。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

さて「不浄の回廊」はタイトルこそ不気味ですけど、中身は、怖くないです。

主人公歩は、霊をみることができても、除霊できるわけでなく、死相のうかぶ隣人においしいごはんをつくって、Hしているだけという。。( ̄Д ̄;;

最終的に除霊したのは、父だし・・`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

歩のうぶな感じが、男心をくすぐったのでしょう。西条君も、ぷりぷりした手がかわいいって・・もはや、ばかっぷる?

西条はたびたびうなされてるし、長い髪の女のストーカーが不気味なのに、歩の天然の明るさが作品を軽く仕上げていて、なぜか読後がほのぼのです。

怖い話が苦手な人も、全然大丈夫ですからね。間違っても「NIGHT HEAD」みたいな話を期待しないように。。笑

「深紅の背徳」夜行花

51itm5e5tll__ss500_

「深紅の背徳」夜光花

<あらすじ>

「ここで死なせてくれ…」。嵐の夜、真人が神父を務める教会に、ずぶ濡れで、ひどい怪我をした男が現れた。怪我の手当てをし、助けようとする真人だが、男が流している大量の血を目の前に、強い欲求が湧き上がる。真人には、人として神父として、今までひた隠しにしてきた後ろめたい秘密があった。「あんた、他人の血が欲しいんだろ…」怪我が回復にむかい始めた男は、真人の秘密に気がついていた。「欲しいなら、ヤらせろよ」逆らえない欲望を盾に、肉体関係を要求され、真人は…。禁断の陵辱愛。

<コメント>

高階佑先生の表紙が絶品で、本屋の店先でもひかってましたねえ。。

じゅるじゅるものです。笑

ラヴァーズ文庫フェアでポストカードも手にいれて、ホクホクの腐女子のみなさまも多いかと思いますが。。

ふらふらと私も、買ってしまいました。くー腐女子殺しだ、高階佑先生。

デッドロックといい、恥らう神父といい、、先月の雑誌小説キャラに掲載された、デッドロック番外編でロブとからんだヨシュアもかわいらしくて。。

どこまで腐女子をダメにしたらいいんだ~高階先生~

ということで、表紙買いした作品です。。(*ノ∀^)ノ゛))

神父陵辱という課題をもくもくとこなしているかとおもったら。

おおーさすが夜光花先生!当て馬、もしやゆくゆくは3Pかと妄想させるようなシチュエーションで・・萌えゲージが振り切れそうになりました。

みだらな自分の中の欲望に罪悪感を感じながら、恥らう神父だけでもおいしいのに、裏切りを許せないほどの友情ですって!

序盤の神父との絡みは、アペリティフでしかなかったのかと感嘆するほどのラスト。

血がほしいという「好血症」なるもので頭を悩ませているという神父の問題が、いろいろなトラブル続きで、まあいいかって感じにおわっていたのが、残念ですね。

好血症でなくても話の進展には差しさわりなかったような。。いえいえ、お祭りだし。

きっと夜光花先生も、高階先生の血をすする神父の絵が見てみたかったんでしょう。笑

「凍る月 紅の契り」夜光花

514wjhkqm2l__ss500_ 「凍る月 紅の契り」夜光花

<あらすじ>

幼なじみの亨が失踪して数カ月…。鳳光陽は、気がかりな思いを隠しきれずにいた。そんな風に亨を心配する光陽を、同居している梁井は面白く思っていない。梁井と光陽は、ある「契約」を結んでいた。その「契約」は、光陽が死なないために必要で、光陽が梁井に身体を与えることで成り立っている。感情が追いつかないまま身体を重ねることに、戸惑い、ただ翻弄される光陽に反して、梁井は執拗な独占欲を芽生えさせていた。しかし、失踪している亨もまた、光陽と「契約」するために動き出していて…。一人を巡りぶつかり合う『同種』達のワイルドラブ。

<コメント>

「凍る月 漆黒の情人」の続編です。

獣人として覚醒し病院からいなくなった亨と、梁井との3Pいやいや。。三角関係でいよいよ泥沼かと期待したのですが・・

亨は人格がかわってしまって、光陽に気味悪がられます。

亨と契約を結ぶか、梁井との契約を続けるか、もっと悩んでほしかったけど、亨が人格破綻してるので、梁井が好きだと自覚しておわってしまいました。(´ヘ`;)

一巻ほどの勢いや、暗い雰囲気がないです。

光陽はあいかわらず天然だし、梁井はへたれて行ってるし。

最初の鎖で監禁はどうしたんだって梁井を叱咤激励してあげたくなります。(T_T)

まあお互いの愛を確かめ合ったし、初めて光陽に「好きだ」といってもらえてよかったのですが・・

そこじゃない!この話の問題は、この巻で話がおわらなかったことなんです。

悪の組織(・ェ・)ゝ の黒幕が、「このままですむと思うな」なんて捨て台詞を吐くし、梁井のライバル黒澤は、いなくなるし、亨もいなくなるし。

おわれねえ。。作者は、あとがきでもう1冊といわず10冊でもかけちゃうなんていってるし。

でも、次で終わらせてほしいです。どうか、お願いします。(T_T)

「凍る月 漆黒の情人」夜光花

51ttbxibral__ss500_ 「凍る月 漆黒の情人」夜光花

<あらすじ>

二十歳になったら死ぬ子供…。そう予言された光陽が、間もなく二十歳を迎えようとしていた。予言を知らず、家の中に閉じ込められるようにして育った光陽は、祖父と約束した「二十歳になったら自由にしていい」という言葉を信じ誕生日を楽しみにしていた。しかしある日、光陽の前に美術愛好家の梁井と名乗る男が現れる。梁井は光陽を屋敷に呼び寄せ、「契約」を取り付けようとしてくる。「契約」の内容はとても屈辱的なもので、光陽には耐えられそうになかったが、「お互いが死なない為に必要なこと」だと言われ…。

<コメント>

買っていたけどまだ読んでいなかったんです。でも続編「凍る月 紅の契り」が11月24日に出るとわかり急いで読みました。

おもしろいです!

夜光花さんもあとがきで、バトルアクションがすきで書きたかったと言ってらっしゃるだけあって、のびのびと楽しんで書いているのが伝わってきました。

伝奇ホラーだけでなく、エンターティメントあふれる作品もいいじゃないですか!!

しかも、BL文庫だから自分的には、ややぬるめだと言ってます。全力だしたらもしや血みどろ?(笑)

バトルも書かないといかんし、続編の伏線もはらないといかんし、ラヴァーズ文庫だから濃厚なHも挿入しないといかん。

忙しかったですね。夜光先生・・f^^;)

獣人が出てきますが、醜くて頭部が異常に長く目が赤いとあります。私の乏しい脳内スクリーンには悟空が月を見て変身したようなお猿顔しか出てこない。。なんだかなあ。。n(_ _)n

変身するなら狼谷辰之「対なる者の証」竜や、「AnimalX」の荒神一族のような恐竜に変身してほしかったなあ。。エイリアンぽくしたかったのでアバウトに獣人だそうです。

主人公の光陽(こうよう)は、自分が獣人のえさであることも知らず、20歳までずっと自宅に軟禁状態ですごしてきたので、ちょっと天然が入っています。(笑)

すぐに騙されるわ、すぐに拉致されるわで、獣人にいいようにされています。

獣人のえさなだけに、いい匂いがしていろんな獣人にねらわれる訳ですが、獣人も食欲か性欲かよくわからんといいながら光陽に惹かれ、もうモテモテです。

ってそんなほのぼのした話じゃないですが。。(笑)

「漆黒の情人」は、幼なじみの親友までもが、実は獣人であったと判明して終わりました。親友の亨(とおる)をとるか、不器用だけど誠実な獣人梁井(やない)を取るか・・

世間知らず恋愛知らずの光陽にはハードル高いです。(笑)

ますます、続編「紅の契り」が楽しみになってきました。

61ykm4setwl__aa240_ ちなみにこちらが、紅の契りの表紙です。

一巻目は漆黒の情人だったので、黒でまとめてあった高橋悠さんの表紙が今度は紅の契りと言うことで赤でまとめてあります。

二冊並ぶとインパクトありそうですね。

「おきざりの天使」夜光花

51vu2bj7o5yl__ss500_ 「おきざりの天使」夜光花

<あらすじ>

『俺、やっとわかった。お前が好きなんだ』
17歳の高校生・嶋中圭一は、毎朝、従兄弟の徹平とともに登校する。最近はクラスメイトで生徒会長の高坂則和と電車で一緒になることも多かった。その朝も、圭一はいつものように高坂と一緒になった。
ただ、一週間前のある出来事以来、圭一は高坂のことを強く意識するようになっていた。
密着する身体をこのままでいたいと想ったり、離れたいと願ったり・・・だが、平穏なはずの一日は不穏な何かに包まれ!?

<コメント>

この作品、「おきざり」なんですが、つい「おざなりの天使」って読んでしまいます。わたくし・・

「おざなりの天使」・・怠惰でなげやりな美少年が、放埒でふしだらな性生活を送るという話だと思いこんでいました。(・ェ・)ゝ

おきざりなのね・・おきざり。

放埒でふしだらは、それはそれで読んでみたいですけど。。(笑)

最初からショッキングです。主人公圭一両親と川の字に寝ているとおもったら、2人とも自殺して冷たくなっていたというショッキングなシーンからはじまります。

さすが、夜光花さん、BLなのに川の字で自殺ですよ。大石圭かとおもいました・・f^^;)

夜光花さんは、伝奇や、奇譚てくくりが好きだから今回もいい感じで始まりましたが。。

学校という閉ざされた空間にとりのこされ、命の危機をにさらされると逆に性欲が高まるってところなのでしょうが、急に濡れ場展開して、ちょっと「おきざりの読者」でした。。(笑)

学校にとじこめられる展開は、以前ドラマであったよなあって感じでこの少ないページでどうやって収拾をつけるのかこっちが心配してしまいましたよう・・(´ヘ`;)

が、おちました。あっけなく収拾しました。ラストの落とし方は、どうなんでしょうね。ページが足りなかったのでしょうか?

生徒会長の則和が説明くさいセリフを言って納めます。(笑)

ミステリアスホラーは置いておいて、いっそ則和に思いを打ち明けられないけど、同居の徹平に迫られ、叔母夫婦への遠慮で徹平のこともはっきり断れないっていうので十分おもしろかったような気がしたのですが。

このインナースペースのお話は、BLとは切り離して一般書籍で発表してもおもしろかったのにねえ。

両方盛り込もうとして無理があったような気がしました。

前半すごくいい雰囲気だっただけに、おしいです。

初シャイだったから余計に力はいっちゃったのかな。もっとダークでショッキングな話を自由にかかせてあげたらいいのにと思ったはるでした。

「オガクズで愛が満ちる」夜光花

Ogakuzu

「オガクズで愛が満ちる」夜光花

<あらすじ>

親が残した喫茶店のマスター・三沢玲人は、過去に関わった凄惨な事件以降、自分は他人と接することが苦手で恋愛ができないと思っていた。しかし玲人は、何かと世話を焼いてくれる大学生のバイト・鳥羽秀一だけには心を許していた。ある晩玲人は酔った鳥羽に抱かれてしまう。鳥羽の熱い気持ちにほだされて身体だけの関係が続くが、過去の事件が玲人を再び臆病にさせて・・・

<コメント>

またまた夜光花さんです。。

というもの・・「水曜日の悪夢」の広告ページにこの本がのっていまして。

そういえば買ったよな・・変なタイトルと思いながら買ったよな・・と本棚をさがしました。
すっかり買って忘れてたよ。f^^;)

おもしろかったです。。やっぱ、だんだんうまくなってるわ、この作家さん

レイプ事件のことを忘れたくて、双子の妹が事件にあったと記憶をねじまげて封印している玲人。事件以降心が凍り付き、悲しみも喜びも何も感じなくなったと人とのつながりを拒絶している玲人に、すり寄ってくるアルバイトの鳥羽。

鳥羽君の木訥として、まっすぐな愛情が綺麗です。玲人を守りたいと頑張っています。

他人が傍に寄られるのも嫌いなのに、鳥羽だけは傍にいて安心すると、夜も一緒に寝るのに、それが恋愛感情とは思えないと言い切る玲人。

鳥羽君、うかばれません。。(´ヘ`;)ハァ

レイプ犯が出所して、再び玲人に近づきますます精神的に不安定になり、正気を喪いそうになる玲人。

心を惑わされる煩わしさから、何もかも捨てて死んでしまいたいと心を病む玲人が・・いいです。

線の細い主人公って大好きですね。しかも、その美人な主人公に災難が次々と降りかかるんですから。

しかも、水無瀬雅良さんの線の細い綺麗なイラストですから、さらにグーです。

痛々しさが、いいですねえ。。

表紙の背景は、秋の海です。荒波は最後の盛り上がるシーンですね。

玲人を助けたいと必死に追いすがる鳥羽の真剣なまなざしがいいです。。

しかし犯人さん、最後もう一度監禁してほしかったなぁ・・と思うのははるだけだろうか・・

鳥羽と玲人のことを嫉妬して鳥羽を殺そうなんて忍び込むから、やられるんだろうが!
考えろよ、犯人!相手は二人だぞ!玲人一人のところをかっさらえよ!

ってなことを考えているはるは、、やっぱ鬼畜です。(笑)

「水曜日の悪夢」夜光花

Photo

「水曜日の悪夢」夜光花

<あらすじ>

「悪夢のような過去は、決して繰り返してはならない」高校の音楽講師を務める元バイオリニストの和成。不慮の事故で弾けなくなった和成は教え子である真吾の類まれなる才能に惚れこんでしまう。ある日、和成は、父親からの虐待に苛立つ真吾を預かることになった。「先生の身体、触りたい」教師として尊敬されているだけだと思っていた。突然無口な真吾に飢えた獣のように激しく求められて、和成は戸惑う。しかし愛を知ることによって、真吾の才能を更に伸ばせるならと偽りの愛情を与えてしまい…。

<コメント>

偽りの関係を続ける・・あたりでちょっと手を出すのをためらって7月初版だったのに、今頃読んでますが。。

「偽りの関係」っていいながら、主人公和也(かずなり)はめろめろです。どこが偽りだって突っ込みいれますよ。

自分のかなえられなかった夢を託すことは、慈しむ心にかわりなく、教え子の真吾を大切に、大事に育てていく様子は、もう恋人にたいするものとかわりないでしょう・・

激情だけが、愛情じゃないです!まあ28歳にしては枯れてますが。。(笑)

さて、未読の方にネタばれになるので、詳しくはいえないですが!

良くできています。この後どうなるんだろうと、ぐいぐい引き込まれてあっという間に読んでしまいました。

うまいです。真吾の精神的な幼さがちょっと鼻につきますが。そのわりには、エロ攻めっぷりがオヤジくさかったですけど・・

BLシーンが無くても十分良い小説でした。(なかったら手に取ってない薄情者がいうか・・^^;)

夢を託す音楽教師と教え子の話として、恩田陸っぽい不思議小説。

でも、欲をだしてBLから足を洗おうなんて思わないでください、榎田さんのように二足のわらじでホワイトハートに進出は、かまいませんから・・

読ませる作家さんが増えるのは、いいことです!うんうん、大満足でした!

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 桐嶋リッカ | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | ざ 座裏屋蘭丸 | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 塔栄のりこ | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な ナツ之えだまめ | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏乃穂足 | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌