カテゴリー

無料ブログはココログ

お 鬼塚ツヤコ

「ご主人様と犬」鬼塚ツヤコ

Photo_2

「ご主人様と犬」鬼塚ツヤコ

<あらすじ>

大の人嫌いな超人気No.1ホストの上総は、ある朝見知らぬ青年と裸で寝ていた。地味でショボい見てくれの平は、外見の割に妙にやらしい色気があって、しかも上総を好きだという。けれど彼の正体は何と―!?「なんだよ、このぬるぬるは」傲慢で淫らなHに震えているのに、絶対に拒まない健気な平。カラダの奥まで捧げるように、平の粘膜は上総を迎え潤っていく。仕事も休んで貪り合う淫靡な同居。これってもうケダモノ!?主従ラブ、超大量書き下ろし。

<一周年記念企画犬特集>

鬼塚さん、やってくれました。犬そのものです。(笑)

人に変身できるのは、狡猾な狐、古老の狼、魔力のある蛇なんていうあたりが定番ですが・・

じゃーん、普通の、できの悪い、不細工な犬も変身しちゃうんですね。

素直な犬らしさ(あたりまえです、犬ですから・・笑)に、なぜかすておけないホストの上総。

まだ雑誌連載中です。そりゃそうでしょ、出会い編のようなこれで終わったら、消化不良でもだえなくっちゃ。

犬の平、ネーミングは、いたって平凡だからという理由ですが、その名の通り平凡な顔つきなのに、なぜか色っぽい。

榎田さんのボルゾイ似のワンちゃんは容姿の良さで、ご主人に巡り会えましたが平は、最初から上総を慕って、恋いこがれているその素直な瞳に上総の方が、おとされちゃったわけです。

で、話をややこしくするのは、犬に戻ったり人間に変身したりすることで。

しかも、思うようには変身できないので、上総は振り回されています。ふいといなくなる人間の平を、必死で探し回る上総も、すでに重傷です。

雑誌の続きがきになりますが、ぐっとがまんして続編のノベルズが出るのをまって一気読みしたいなあ。。だっていじいじしちゃうでしょう。(笑)

近所の貧乏でかわいい顔の守君。押しつけられたように飼い始めた犬、プライドの高いグレートデンの竟輔(きょうすけ)も守に首っ丈で、こっちも変身しちまうっていう伏線。

かわいいワンコに慕われるっていうのもいいですが、プライド高い大型犬に襲われるっていう、こういうパターンもいいですね。^^;

門地さんの肌色率高い、表紙と、おおきな犬の字にまだ購入できていないみなさん、面白いので、是非ご購入ください!すでに品薄状態のようですが。。がんばって探してみてくださいな。

「その冷ややかな唇で」鬼塚 ツヤコ

Photo_138

「その冷ややかな唇で」鬼塚 ツヤコ

<あらすじ>

大学院生の八尋は、ずっと好きだった助教授の比良坂に「好きな男の代わりに抱いてほしい」と嘘をついて身体だけの関係になってしまう。恐ろしいほど有能な研究者で怜悧な美貌の持ち主の比良坂は、これまで一人の相手に執着することもなく、飽きると冷たく切って捨てていた。しかし、八尋の親友で世界的トップモデルの海崎を、片思いの相手だと勘違いした比良坂は「あの男にきみを渡す気はない」と、独占欲むき出しで乱暴に八尋を抱いてきて―!?傲慢&自信家な助教授と純情大学院生のセクシャルラブストーリー。

<コメント>

純愛と濃厚Hという対極なのに、両方がすんなり混じり合って、良い味だしてます。

鬼塚さんの作品て、エロエロみたいに見えますが、(いや、結構濃いですが・・^^;)純愛です。とっても切ないです。

好きな人に思ってもらえないのに、カラダだけ関係を持ってしまって、どんどん自分を身動きできなくしちゃいます。

この作品も、切ないです。

助教授のことが好きなのに、比良坂のつきあっている男女が自分とは、まったく違うタイプで、好みとまったく違って相手にされないのは、ようくわかっているんです。

積極的にアタックされるのが嫌いな助教授だから、告白するわけにもいかず・・悶々としています。

それなのに、いつのまにか助教授は、八尋をおっかけているし、八尋は八尋で好きだと知られたら嫌われるとおもって、他に好きな人がいる振りをして。

うまいですね。

切なさとじれったさがうまく混ざって、しかも、Hシーンもいっぱいサービスしてくれてます。

鬼塚さん。。いい人だ。

「まるで、灼熱のキス。」鬼塚ツヤコ

Photo_76

「まるで、灼熱のキス。」鬼塚ツヤコ

<あらすじ>

なにもかも平凡な木崎は、自分には「何かがたりない」と感じていた。そんな折り、取引先の相手で同階級のボクサー・柴賀にむりやり犯され、試合でも負けてしまう。「膝を折ったあの瞬間から、お前は俺のものなんだよ」と柴賀に宣告され、淫らな体の関係をつづける木崎だったが、その快楽に、激しさにしだいに溺れていき…。体は繋いでも、けっして唇だけは触れ合わせない、それが暗黙の契約。まるで、激しく燃え上がる二人の心を隠すかのように―。

<コメント>

「不純なまなざし」であまりぱっとしなかった花屋の木崎のお話です。

プランタン出版にはエロ規定があるんでしょうか、たぶんあるんでしょうね。エロ満載ですが・・甘くないです。心の通じないエロは苦しいだけで、これはもう、苦しい恋いに溺れる男たちの、ヒューマンドラマです。(ちょっと、言い過ぎた?^^;)

しかし、きらきらした材質の紙は、どうも夜店の指輪のようにチープな印象しかなかったんですが・・見直しました。プラチナ文庫さん!

そりゃ、エロ比重はある程度必要です。朝ちゅんじゃ、中学生でも怒ります!(きっと・・^^;)

でも、エロだけでもだめなんですよねえ。切なくて胸をかきむしられるような、そんな恋心を味わいたいんです。

実生活では、いやですからね、そんな胸をえぐられるような緊迫感のある生活は・・。平々凡々がいいんです。

そこそこ収入のある家庭で、そこそこ亭主関白で少々おまぬけな旦那と、おしりをたたかないと勉強しない子たち、そしてちょっとうっとうしい舅夫婦に囲まれて・・・

そういう普通の、ありきたりの生活の上でこそ、いい恋ばなを愉しむ事ができるのです。そこはエロレーベルの文庫本であっても、少ない娯楽教養費の中から購入するのですから、厳しく評価しますよ。腐女子の方々は。

ということで、この作品は、基準クリアもクリア、愉しませてくれます。是非ご一読ください。

続編に「いっそ、熱病のキス。」があります。やっぱり木崎のことを信じ切れない、柴賀と木崎のその後です。

このシリーズまだ続くんですよね。「不純なまなざし」からずっと伏線をはってる「高村×周防」が残ってますよね。出てくれるのでしょうか・・ちょっと心配ですが、お待ち致しておりますね。

「不純なまなざし」鬼塚ツヤコ

Photo_71 「不純なまなざし」鬼塚ツヤコ

<あらすじ>

その最悪な男は、宮路の心を強引にこじ開けてきた―。宮路は、ボクシングジムにやってきたスーパーライト級新人王・国義に、ジムのシャワー室で自慰行為をしているところを覗き見されてしまう。不敵に舐め回すような視線で「めったにない、いい見物や」と言い放った国義は、それ以来、宮路の心の中にずかずかと踏み込んできて…。美人で気位の高い宮路と、年下のケダモノ、国義のハードな恋のかけひきがはじまる。

<コメント>

プラチナ文庫のきらきらと紺野けい子さんのエロいまなざしの表紙にくらくら来ました。

初めての鬼塚作品です。鬼塚というネーミングといい、フランス書院というネームバリューからつい、エロいだけの商品だと思いこんでいました。だって、鬼って響きで、「団鬼六」が頭にうかぶんだもん・・。普通浮かばないか・・(笑)

SM好きですみません。。^^;

第一話は「受けのオナニー」→「痴漢電車」→「トイレで立ったまま」フランス書院さんらしい・・いやいや。

第二話では「夜這い」→「手錠拘束」→「強制オナニー」→「本番」と、一部に負けずフランス書院さん好みのマニアックなエロを豪華に取りそろえてあり・・

後書きに、作者が自分で書いてるんですから、ご自分で↑。

まあ、なんて素晴らしいエロいお話でしょうと、期待して読んだはるですが・・

あくまでも腐女子好みの甘いテイストでまとめてあるので、全然皆様の脳内倫理委員会に抵触しませんです。はい、安心して読んでください。痴漢列車だ、手錠だとありますが、そんなに痛くないです。

受けの主人公こそ、美人で気位の高い女王様なので攻めを放置プレイして、やきもきさせています。その上下関係があるからか、シチュエーションはひどいはずなのに、ひどさを感じさせないですね。

逆にふりまわされている攻め國義がかわいそうに思えるぐらいで・・^^;

ラストアマチュア関東リーグチャンピオンの宮地女王がいよいよプロを決意する所で終わります。既にプロになった國義と一緒のリングに上がりたいと言うのですが・・

ますます國善、あんた頭が上がらなくなるんじゃないでしょうか。今でも宮地の方が実力上でしょう。かっこいい宮地は、マスコミにもちやほやされ、グルーピーに囲まれ、プロをすすめた國善もきっと後悔するでしょう・・

でも、アマゾンの書評では、あしたの●●ーのパロかとかかれて星が少なかったですが、どこをどう読めばパロなのでしょう。

ぜんぜん違いますよ。国義が貧乏だというだけで・・うーん、たしかあっちも貧乏なボクサーが主人公ですねぇ・・

じゃ宮地女王様が、力●・・やめてくれ・・うなされる。

力●の痴漢電車・・。再起不能。(想像するなよ・・・笑)

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌