カテゴリー

無料ブログはココログ

な 成瀬かの

獣の理II/成瀬かの

_

獣の理II/成瀬かの

【発売日】2016/2/10

【あらすじ】

異界から来た狼族の騎士グレンと結ばれた聖明は、もふもふで嫉妬深い恋人を心から愛し、それ故に悩んでいた。聖明をつがいに選んだために、グレンが平穏すぎる生活に甘んじていることを。そんな折、狼族の王がグレンを訪ねてくるが、王を狙う敵の刺客までも現れ、戦い の末グレンはただ一人異界へと跳ばされてしまう。グレンを助けるため、非力な一介のサラリーマン・聖明は獣人たちが戦いを続ける物騒 な世界へ旅立つが―。

【感想】

獣の理続編作品です。モフモフはみんな大好きということで、J庭も近いことですし、読ませていただきました。

戦士であるグレンと結ばれてこちらの世界でいっしょに暮らすのですが。。

職業戦士は、こちらではなじまないですよね。命を懸けて毎日を過ごしていた戦士にとって平穏すぎる毎日が、ストレスになるのではと、聖明が悩みます。

ネコ耳、ネコしっぽのイケメン・・読者もいっしょに、彼のジョブチェンジについて悩みますww

モデル?ガタイを生かして肉体労働?

岩場で暮らしていたことを生かして、ボルダリングインストラクター?

戦士スキルを生かして、サバイバルゲームのインストラクター?

なかなかよいお仕事がないですねぇ・・

と妙なところで、妄想してしまいましたww

紆余曲折、聖明はグレンの世界に現代人の知恵を生かし、グレンはコチラで、ペット関係の仕事をはじめるわけでして。。

グレンにぴったりの仕事が見つかり、いいところに着地しましたww

読者も満足です。こうなると、今度はコチラの世界での活躍が見たくなりますよ。

あっちの世界から聖明の手料理を楽しいにしてやってくる王家の人々と、こちらで動物にヒントをもらいながら事件を解決する話とか。。。

タブレットを操作することを覚えたグレンの活躍が楽しみで・・まだまだこのお話は続いてほしいものです。

獣の理/成瀬かの

Photo 獣の理/成瀬かの

【発売日】2013/11/12

【あらすじ】

満月の夜、古い一軒家で一人暮らす粟野聖明(きよあき)の前に、獣の耳と尻尾を付けた偉丈夫が現れた。聖明は異世界から魔法で跳ばされてきたその男・グレンが美しい狼に変身できると知り、「好きな時に好きなだけ撫でさせろ」を条件に、家に置いてやる事にする。誇り高く獰猛なグレンは全く懐いてくれないが、彼を餌付けしモフモフする日々は聖明の孤独を癒していく。だがそんな時、聖明の身辺で奇妙な事件が起こるようになり―。

【感想】

J庭予行演習のため成瀬先生の作品をよみかえしたのですが、こちら感想をうpしてなかったですね。あらためて感想です。

成瀬先生のお得意の異世界もので、しかもモフモフ狼男話です。表紙も円陣先生の美麗イラストで、ねこ耳戦士に萌えます。

異世界から出現したグレン、異世界の戦士というだけで、大柄で力もある偉丈夫、しかも元は狼なので、本当の肉食男子です。

主人公聖明(きよあき)は、なぜか何もかもに投げやりです。生きていくことにも執着していないのですが、その理由はおいおい語られます。

生きていくことにあきらめてしまっていた聖明の眼前に現れた傷ついた獣がグレンですが、モフモフにいやされます。

生活に疲れた多くの働く腐女子も、聖明といっしょに癒されますww

そしてがっつり旺盛な食欲、がっつり食べてくれるイケメンを見るのはいいですね。ガツガツ食べる姿は、生命力に満ち溢れていてこちらまで元気にしてくれます。

生きていくことに投げやりで、現実味のない生活だった聖明にふたたび生きている実感をあたえてくれるグレン。

グレンの不器用な優しさや、狼のつがいと一生添い遂げる情の深さにほろりとさせられます。

希薄な人間関係や、仕事に疲れた働く腐女子には、もってこいのアリナミンV的な作品です。読後元気がでること請け合いですので、年度末の忙しさをこれで乗り切りましょう

(。・ω・)ヾエイ(。・ω・)ヾエイ(。・ω・)ノオー!!!

鬼人の契り/成瀬かの

_

鬼人の契り/成瀬かの

【発売日】2015/12/26

【あらすじ】

呪術師の家系に生まれた橙弥(とうや)は、目覚めると妖だらけの異世界にいた。記憶にあるのは橙弥をこの世界に送った親戚の清夏(せな)の「鬼を探せ」という言葉と、握りしめていた懐刀だけ。当てもなく彷徨う橙弥の前に現れたのは、正親(まさちか)という美しい鬼だった。自分を見て驚く彼を不思議に思いつつ、行き場もなく正親の屋敷に居させてほしいと頼む橙弥。寡黙な鬼との不思議な同居が始まるが、不意に見せる正親の熱を帯びた視線や、夢に出てくる誰かに抱かれた記憶が、橙弥を混乱させ…!?

【感想】

白虎の契り」、「黒豹の契り」の東家シリーズ第三段です。時系列から言っても、黒豹の後です主人公の橙弥が、記憶喪失から始まるので、前作を知らなくてもまったくストーリーには問題ないですが。。。ちょっと不思議な異世界、しかも東家という独特の世界観なので、前作と合わせて読まれるとよりこの不思議世界や、主人公と使役との関係も理解できて楽しめると思います。

呪術師である主人公橙弥は、気づくとなぜか大けがをして失明してしまってます。それなのに、その原因になった事件の記憶がまったくありません。

そして、なぜか東家を放逐されることが決まっているのでした。

それを歯がゆく思う清夏(せな)が何かをして、異世界に飛ばされます。

ここまでがなんと4ページ、展開早いっすww

どうして穢れた存在になってしまったか、記憶をうしなった原因は?

そのカギを握っているはずの鬼の正親が、煮え切らない。橙弥を守りきれなかったという後悔から、再び契りを結ぶことに踏み切れず・・┐(´-`)┌

それも主人を想う故ですから、みなさん落ち着いてくださいねww

主人公の前向きなところも、鬼の優しいところも、とても好感のもてる作品でした。

穢れた神が深くお話にかかわってきますが、その原因は自然を破壊し、信心を忘れた人にあるのではという所は、なんだか身につまされますね。

昔は、どんなときも神様が見ているから、神様に恥じない生き方をしましょうなんてことを、大人からいわれたものですが。。。

腐っててすみませんていいたくなりました。。(^_^;)

百虎の契り/成瀬かの

01

白虎の契り/成瀬かの

【発売日】2014/04/26

【あらすじ】

呪術師の家系に生まれた清夏は、成人の儀の直前に、銅鏡の裏側の世界に迷い込む。そこは人間に変化する様々な「妖」の住む世界で、元の世界に戻るには妖と契り、式神契約を結ばないといけないのだという。そこがいつも夢で見ていた景色と同じことに気付いた清夏は、懐いていた美丈夫・俐星を捜すが、彼の屋敷に姿はなく、仲間だという白虎のハクがいるだけ。けれど自分の体を狙う様々な妖から守護してくれる優しいハクに、清夏は次第に惹かれていくのだが…?ケモ耳ラブ。

【感想】

昨日感想を書いた黒豹の契りの本編作品です。

てへへ・・すっかり失念していたのですが、読み返してみたら・・読んでました。(;^ω^)

主人公がかわいい系というので、ストライクゾーンから外れてしまい、全体のうち2/3までが呪によって、清夏の前で人型になれない虎のモフモフストーリーだったので、猫画像を見た時の萌えはあっても、BLとしての萌えはうすかったのかもしれません。

いや、まあ単なる記憶力の低下ともいえますが。。。

私としては、スピンオフにあたる黒豹の契りの方が好みでしょうか。

ショタ好きならこちら、アダルティ好きなら、黒豹がおすすめかもしれませんね。

黒豹の契り/成瀬かの

_

黒豹の契り/成瀬かの

【発売日】2015/08/29

【あらすじ】

漆黒という名の黒豹の式神を持つ呪術師の由羅。契りを交わした仲だが、初めての時に受けた屈辱を由羅は根に持ち、溺愛してくる漆黒に素直になれない。そんな折、偵察で使わした漆黒が捕らわれてしまう事件が起き…?

【感想】

やっちまいました・・・最後まで読んで、こちら白虎の契りスピンオフだと気づきました。。。

でも、時間軸としては、こちらが先でも問題ない感じですが、白虎の契りも読もうと誓ったのでした。

さて、みろくことこ先生の表紙が素敵です。こちらのイラストで9月のルビーインフォメーションの表紙も飾っているので、ルビー愛読者だったら、ご存じかもしれません。

式神を扱う呪術師一族のお話ですが、あまりお仕事シーンは出てこないかも(;^ω^)

そのつもりはないのに色気むんむん垂れ流し、男性をなぜかその気にさせてしまう主人公の由羅もいいですし、モフモフ系の式神がわらわら出てくるのもいいですね。

やっぱりBL界の傾向として、困ったときにはケモ耳の傾向にありますなww

日常的にお疲れのご腐人には、定期的にモフモフ癒し作品が必要です。

しかも、ルビーさんたら、大人のルビー文庫フェアなるものを開催されていまして、アダルティなシーンが多いです。獣×色気むんむんとなると、濃厚なHシーンは、必然でしょうww

ほのぼの、BLチックな作品が多くて、BL初心者向けというイメージのルビー文庫さんがテコ入れとして大人のルビー文庫なんでしょうが。。

思い出せば、24年前、初めてのBL文庫本として創刊された「ルビー文庫」。ルビーと聞くと、あの当時の甘酸っぱい気持ちまで思い出せるほどなのですが、いかんせん、このBL戦国時代に、ほのぼのじゃ太刀打ちいかなくなったんでしょうね。

アダルティ路線を前面に打ち立ててるレーベルがいくつもある中、ルビー文庫の今後気になりますね。

■大人のルビー文庫フェア

期間は、7月から11月末までに発刊された対象作品の応募券2枚で申し込めます。特製美麗カレンダーということで・・・ただ、当選者の数が・・69名

いや、まあ大人のルビー文庫フェアなので、いいですけど・・

編集部の皆様、ここでダジャレは必要ないです。普通に100名にしておきましょうよ(^_^;)

詳しくはこちらご参照ください。

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井上ハルヲ(オハル) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 雨月夜道 | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | え S・E・ジェイクス_ | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 桐嶋リッカ | き 綺月陣(きづきじん) | く クリッシー・マンダー | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 佐倉井シオ | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | ざ 座裏屋蘭丸 | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | じ ジョシュ・ラニヨン | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 塔栄のりこ | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な ナツ之えだまめ | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏乃穂足 | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | な 成瀬かの | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 馳崎ル子 | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | アンソロジー | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌