カテゴリー

無料ブログはココログ

な ナツ之えだまめ

悦楽よりも、深く/ナツ之えだまめ

_

悦楽よりも、深く/ナツ之えだまめ

【発売日】2016/3/4

【あらすじ】

うつくしく魅力的な男・貴船笙一郎。伊織にとって取引先のうちの一人でしかなかった貴船が、何も知らなかった伊織に近づいて頑なな身体に快楽を教え、愛を教えて一緒に過ごすようになって一年が過ぎた。貴船は伊織を変わらず深く愛していたし、伊織も貴船を愛しているのに、たったひとつの意見の違いによって、二人はすれ違ってしまう。その溝を埋める前に、貴船が事故に遭って記憶喪失になってしまい……!?

【感想】

「うなじまで、7秒」続編です。やっと届きましたよ!(* ̄ー ̄*)

でも、あらすじですでに波乱の予感、記憶喪失ですって?とおそるおそるページを開きました。

記憶喪失話によくある、幸せな日々から始まります。

本当に、序盤幸せであればあるほど、記憶喪失になってしまったあとを想像すると辛いですよ。。。

貴船の献身的なまでの愛情の前に、一度結婚生活に破綻してしている伊織は同居を踏み切れません。幸せであれば、あるほどそれがいつまで続くか、不安になってしまう伊織。

離婚は、結婚よりも何倍も大変で、それを体験した人は、結婚しようとは思わなくなるっていうほどですからね。

円満離婚ではあるけど、そこに至るまでの、精神的苦痛をまだ引きずって、同居に踏み切れない伊織に貴船の苛立ちもピークに!

禍根をのこしたまま、2年間を忘れてしまう貴船。

貴船であって、貴船でない不安と、それでも貴船の手を離したくない伊織の葛藤。

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!記憶喪失クライシス!

もう微妙な違和感の積み重ねに、読者もやきもきいたします。

別れの予感かと手が震えるほどの緊張感のなか、やってくる松山エピソードは、砂漠の中のオアシスでした。

みかんのでる蛇口画像だけで旅館を突き止めた時点で、貴船の伊織への想いは十分伝わったぞww

本編のあとに4編のショートストーリーが掲載されているのですが、中でも男二人のシェアハウスを嫌がる不動産屋という話が、なんともリアルでした。

男二人で同居していたら。。こういういわれのない偏見を持たれるんですね。

もうこうなったら地域の行事に積極的に参加して、地域住民を味方につけるしかないですね。ww

うなじまで、7秒/ナツ之えだまめ

__72

うなじまで、7秒/ナツ之えだまめ

【発売日】2013/11/14

【あらすじ】

彼はいつも、自分を見ていた―。魅力あふれる取引先の男・貴船笙一郎に、突然エレベーターでうなじに口づけられた佐々木伊織。その熱を忘れようとしても、貴船の手が、指が、唇が、伊織の身体に悦楽を刻み込んでいく。深い快楽を身体が知っても、逢瀬の合間に愛をささやく彼の心だけが見えない…。貴船の手慣れた愛撫ゆえに彼の言葉を信じられない伊織が取った行動は?相手のすべてが欲しいと、狂おしく焦がれる恋。

【感想】

コミコミスタジオで同梱で注文しちゃったもので、「悦楽よりも、深く」発売日にも手元にとどかず、手持無沙汰だったもので、復習をかねて読み返しました。

最初に読んだときには、貴船の押しつけのような恋心に、どうしていいのかわからない伊織の戸惑い、そして躰から落とされちゃったよっぽい展開にちょっと引いた覚えがあるのですが・・

読み返してみますと、初恋に浮かれて様々なアプローチをしかけている貴船が初々しくて、そこがかわいらしくみえてきました。

こうしたら喜ぶだろうということをこれでもか、これでもかと盛ってくる貴船。

伊織が両手離しで貴船に自分を明け渡してもいいものかと不安になっていることも初恋に浮かれきっている貴船にはつたわらず。。貴船は相変わらず押せ押せで。。

離婚の決まった終盤、伊織がいったん貴船を遠ざけるいいですねぇ。。

一線を引かれると思ってもいなかった貴船の驚愕と失望。

でも、貴船の成長や、伊織の決心のためには必要なステップでした。

最初から伊織は貴船に惹かれていて、貴船の想いも伊織にまっすぐで。。

二人の幸せを大輪の花火が祝福するようなラストはディズニーアニメのように豪華で、目に浮かぶようでした。ww

俺が買われたあの夜に。/ナツ之えだまめ

_

俺が買われたあの夜に。/ナツ之えだまめ

【発売日】2015/12/16

【あらすじ】

深井諒太は、十万円で一晩買われたことがある―。二年前、信頼していた社長に裏切られ人生ドン底だった時。仕事で顔見知りだった五十嵐翔平に「どうなってもいい」と零すと、十万円を差し出され深井は流されるまま身体を重ねてしまう。壊れ物のように抱いてくれた五十嵐との衝撃的な体験。それが思い出になりかけた時、二人は偶然再会し…!

【感想】

タイトルもちょっとげすいし、表紙のはだけた感じがエロいし・・ナツ之先生なのに、辛いお話だったらいやだなと思いながら読みましたが、中身はいつもの優しいナツ之先生でした。

初のルチル文庫で、編集担当さんから「ナツ之先生らしい、エロティックな話を」と言われたそうですけど、ナツ之先生らしいぐるぐる回りつづけ、反目しあってるのに、どちらもお互いを想ってます。読んでいてキリキリいたくはならず、読めば読むほどほっこりするお話でした。

現在人の日常って、どうしてもささくれだっていて、些細なことでイラッとさせられたり、こいつ殺してやろうかって思うじゃないですか、いや、思うだけですけど(^-^;

主人公深井諒太も、そうなってもおかしくない境遇なのに、とってもいい人です。

自分を救ってくれた五十嵐に冷たくされるのに、今度は自分が彼をたすける番だと一生懸命五十嵐をサポートします。その思いやりの優しい心根に、五十嵐だけでなく読んでいるこちらまで癒されます。

優しかった五十嵐の想いのカケラだけがあったら、生きていけるという諒太のけなげなこと。

愛されなくても五十嵐が幸せになってくれたらそれでいいからと、鶴の恩返しレベルにけなげです。

欲しい欲しいばかりじゃだめですね!人を愛するってことは、見返りをもとめずただその人の幸せを願い、行動することなんでしょうね。ナツ之先生の人生観があふれている作品でした。

囚愛契約/ナツ之えだまめ

Photo_3

囚愛契約/ナツ之えだまめ

【発売日】15/04/15

【あらすじ】

「一週間、あんたの身体を俺にください。大丈夫、ちゃんと快楽を仕込んであげます――。」それが、コピーライターの長嶺祐也が宮本高良の勤める広告会社・鳳翔堂の社運をかけたプロジェクトに協力する条件だった。かつての後輩の手に、道具に焦らされ、高められて初めて知る絶頂に戸惑いながらも溺れていく高良。だが、「好きなんです」高良に触れながら苦しそうに言う長嶺の真意が読めなくて――。

【感想】

ナツ之えだまめ先生の作品大好きなんですよね。

うなじまで、7秒で英田サキ先生が帯に「濃密エロスの波状攻撃!」と推薦をかかれてたんですが、私が読んだ限りでは、エロというよりこういうのは色っぽい作品というのではないでしょうか・・

恋心がつのり、どうにもできない気持ちがあふれて暴走している相手に、翻弄されている具合が、絶妙にいいんですよ。

気持ちを押し付けられるわけですが、ストーカーのような暗い感じがないんですよね。

思いがけない相手から寄せられる熱い想いにほんろうされながらも、それほど嫌悪感はなく、恋の始まりのようなドキドキ感がちりばめられて、こちらも、これからどうなるんだろうとワクワクしてきます。((o(´∀`)o))

そして甘いだけでなく、恋の成就には、一筋縄ではいかない波乱の展開を必ず用意してくださってるので、思わぬハラハラに翻弄されます。

これはきっと先生のお人柄もあるのかな、きっと人を驚かせることがお好きなんでしょう

実は何度かJガーデンで先生にお会いしたことがあります。かわいらしい、コロンとした優しそうな方でした。

最初にお会いしたのは、「うなじまで、7秒」が出版された翌年の3月のJガーデンのことでした。

前日にコミコミスタジオのスタッフうえさまとも、ナツ之先生が今回一押しだよねと話をしていて、売り切れちゃいやだと朝一番でサークルスペースに伺いました。

思っていたような長蛇の列はなく、所在なさげだった先生を覚えています。

それがみるみる人気がでて、今年の3月は壁席に配置されていて、人気作家さんと肩を並べて販売されることになり、人気のほどが伺えました。ガーデンガイドのカタログで配置図を見た時には、とっても喜んだんですよww

そう、いいものはいいんです。何処までもついていきます、ナツ之先生Σ(゚∀゚)/

「うなじまで、7秒」「どうにかなればいい」こちらもハラハラとドキドキが混在した素敵な作品でおすすめです。

【電子書籍限定短編】公然のヒミツ もAmaonにて購入できます。電子書籍版はKindleを持っていなくても、Kindleアプリでスマホや、PCでも読めますよ。

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井上ハルヲ(オハル) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 雨月夜道 | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | え S・E・ジェイクス_ | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 桐嶋リッカ | き 綺月陣(きづきじん) | く クリッシー・マンダー | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 佐倉井シオ | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | ざ 座裏屋蘭丸 | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | じ ジョシュ・ラニヨン | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 塔栄のりこ | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な ナツ之えだまめ | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏乃穂足 | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | な 成瀬かの | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 馳崎ル子 | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | アンソロジー | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌