カテゴリー

無料ブログはココログ

う 海野 幸

「三百年の恋の果て」海野 幸

51zjrajbacl__ss400_ 「三百年の恋の果て」海野幸

<あらすじ>

白狐の像に封じ込められていた妖しの封印を解いてしまった彫物師の秀誠。紺と名乗るその妖しは、秀誠を三百年前に愛した男の生まれ変わりだと言い、いじらしいほどに一途な想いを寄せてくる。「しまった、―…可愛い」これまで男を抱きたいと思ったことのない秀誠だったが、紺のひたむきさに、知らず心を惹かれはじめる。しかし、紺から好意を寄せられるほどに、彼の過去の男に嫉妬を覚えるようになり―。書き下ろしは、人と妖しというリスクを背負う恋人たちの『水鏡』&『光の先』。

<コメント>

表紙のもふもふ尻尾と、けも耳で、だいたい推測できるとおり、もののけと人間との恋の物語です。

彫物師という呼び方もファンタジーなら、物語に深くかかわってくるサブキャラの金髪碧眼の神主もファンタジーっぽい。\(^o^)/

作家ご自身が突っ込みどころ満載なファンタジーだと折れそうになってましたが、いえいえ、とても面白かったです。

枠にはまらない奇想天外さと、ストーリーの破綻とは別物です。丁寧な心理描写もファンタジーもいい割合で書き込まれてあったと思います。

三百年前に封印されたきつねの紺と、生まれ変わりを頑なに拒む主人公秀誠のお話も面白かったのですが、はるとしては、二人に大きくかかわる神主の祥真がよかったですね。

応援するかと思えば、ひどく突き放したり、きつい言葉を言いながらも、二人を見守るこの複雑怪奇な精神構造!

なぜに神主がわざわざ金髪碧眼かと、物語の破たんを感じさせられましたが、これにもわけがありました。

巻末に収録されているスピンオフ作品「光の先」で、祥真と彼の使役の緋耀との関係がはっきりして、祥真の人となりを知ることができました。

こっちのカプのほうが痛くて切なくて、本家のラブラブなばかっぷるより、はる好みのお話でした。

「光の先」を読むと、孤独な祥真がいかに友人である秀誠を大事に思っているかがわかります。

自由奔放にふるまっているようで実は、自分を犠牲にし一族のためにつくしている祥真。

それは緋耀の立場を守るためであるという背景がみえてくると、物語は複雑です。

使役なのに自分を守るために主人が意に沿わぬ生活を強いられていると分かっているだけに、緋耀は祥真に愛されたいという気持ちを自ら禁じ、欲望をひっそりと胸に閉じ込めてしまいます。

そんな背景を読んでから、前にもどって心を通じ合わせることができた紺と秀誠をうらやむセリフを吐く緋耀のシーンは、なんとも切なく、胸に迫ってきます。

一粒で二度おいしい、そんなお話でした。

「40男と美貌の幹部」海野 幸

40 「40男と美貌の幹部」海野幸

<あらすじ>

化粧品会社購買部勤務の宗一郎は、ある日突然支店に異動の辞令を言い渡される。そこで待ち受けていたのは、七歳も年下の美貌の上司で…。「君が欲しくて仕方がなかった」―勤続十数年。突然のご指名で支店勤務になった上城宗一郎を待ち構えていたのは、七歳も年下の美貌の上司だった。幹部候補生という社内でも特別なエリート社員である篠宮辰樹は、一分の隙もないスーツ姿とは裏腹な、艶かしいほどの色気と掴みどころのない性格。しかも、接客の練習としてまず篠宮自身を口説くよう命令してきて!?風変わりな上司に翻弄され、なぜかときめきを覚えてしまった四十男の運命は…。

<コメント>

海野先生続きます。とこさん、アリガト♪(*゜ 3゜)/~チュッ♪

海の幸といいますと・・またそっちか・・(笑)

今日の夕飯は、大好きなかれいの煮付けでした。(-ω-)/

しかしながら、かれいの煮付けをさらにおいしくするべき白いご飯というかれいサポーターではなく。。炊き込みご飯でした。

ばあちゃん、煮付けには、白マンマやで~(T_T)

煮付けに、炊き込みご飯て、酒飲みのメニューや~

夕飯を作ってもらう身では文句はいえませんが・・n(_ _)n

さて、40男が主人公のすごいBLです。ボーイズじゃねえって・・(ーー;)

美貌の幹部の引き抜きで、化粧品販売の支店に配置転換となった主人公宗一郎

7歳も年下で最初から無茶な要求を押しつけてくる美貌の上司にむかっときますが。。これが、実は、ツンデレ上司でした。ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

最初は男の意地を見せて篠宮の鼻をあかしてやる風な意気込みでしたが、篠宮の必死さにやがて、篠宮のために全力をつくすようになります。

そんな真っ直ぐな宗一郎に案外メロメロな篠宮ですが、あくまでも仕事では上司の顔を崩そうとしない恋に慣れていないツンデレ具合がかわいいです。

化粧品会社の熾烈な女の闘いの前で、ジタバタする営業さんたちの姿もリアルでしたねぇ・・

とっても、面白い作品なのですが、「女ってこぇ」と、腐男子にいわれそうな作品ですので、男子への貸し出しはしないほうが良いですよ・・(≧∇≦)

「八王子姫」海野 幸

57608088 「八王子姫」海野 幸

<あらすじ>

姉に無理やり着せられたロリータ服姿を、バイト先の社員・樋崎に見られてしまった幸彦。とっさに口のきけない姉の友人・ユキを演じるが、会社では冷たい樋崎が気持ち悪いくらい優しく、ついには「君に恋をしました」と告白してきて!? その後もユキの正体を告げられぬまま樋崎とデートを重ねる幸彦は、彼の情熱に次第に惹かれていく。しかし、ユキとは違い、幸彦としての自分には相変わらず冷ややかで無関心な樋崎に寂しさを感じ始めて――。

<コメント>

土曜は、私用で、日曜は仕事で、家を留守にしたはるです。いい天気だったのに掃除できなかった。(=_=)

さて、とこさんにお借りした初海野幸先生です。なんだかおいしそうなペンネームですよねぇ。

うーん、海の幸といえば。。お刺身や、焼いたアワビが浮かびますか?

はるは、カレイの煮付けが一番好きです。(*^。^*)

骨が面倒という方もおおいですが、その骨さえもいとおしい。。というぐらい好きです。

みなさまのお好きな海の幸は・・?笑

好物はおいといて、あらすじを読んで、女装ものだし、すれ違いもので、ちょっと敬遠していたんですが。。

おもしろかったですぅ。\(^o^)/

女装の原因となっているお姉さんとの確執というか、シスコン具合もよろしいし、女装だと幸彦が告白しても、樋崎は、幸彦に似ていたから女装姿の幸彦のことが好きになったのかもと、好意的(笑)勘違いで、物語はいい方向に展開します。

なので、木原先生の「美しいこと」のようないたいたしいシーンはありませんから、ご心配なく。

しかも、「君の困った顔がみたい」っていうどSの樋崎のセリフが、M心をくすぐります。笑

樋崎は、女装の男子にうっかり惚れてしまうという、ピンボケ野郎かと最初思ったのですが、幸彦のことを観察し、しっかりフォローしてくれる頼もしい奴でした。

樋崎に振り回されて、それでも喜ぶMな幸彦と、わざと意地悪して泣きそうな顔を見たいとういうどSなベストカップルの甘いお話でした。

ギャグっぽいPNの海野先生ですが、中身はなかなか本気モードなお話です。

タイトルと、あらすじで敬遠していたなら、ぜひご一読してみてください。

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌