カテゴリー

無料ブログはココログ

い 一穂ミチ

藍より甘く/一穂ミチ

_

藍より甘く/一穂ミチ

【発売日】2009/10/15

【あらすじ】

夜景、港町、観覧車。完璧すぎるロケーションで入江暁行は「好き」と告げられた。三年間も友達として側にいた柘植遙から。実家が藍を作っていて、爪の先をいつも青く染めている遙。笑うと寂しげな顔が明るくなる遙。男なんて絶対ありえない、でも居心地いい彼の隣は手放したくない。誰にも言えない困惑を、暁行はブログに綴ることにするが―。

 

【感想】

6年前発刊された、2009年の一穂先生の作品です。なぜか御縁がなく、デビュー作の林檎以降読んでなくて、一穂先生で検索したところ、Amazonでも高評価の作品が続々・・

読まずに終わってはもったいないと、まずはこちらを拝読いたしました。

お高いアイスクリームを一匙ずつ楽しむように、丁寧に作りこまれた文章をなめるように堪能させていただきました。

林檎の時の感想を自分でも読み返してみたのですが、同じこと書いてますねww

今回も緻密な計算されつくしたような美しさを感じる、無駄のない単語のチョイスと文章。読み終えて、いいものを読ませてもらったという満腹感を感じました。

遥(はるか)に告白されたノンケの暁行(あきゆき)視点で話は進行します。

でも暁行は告白された瞬間から、今まで想像してもなかった遥の苦しい胸の内を想像しては彼を傷つけないかと心配して、ノンケのはずなのに、徐々に気持ちが傾いていくその様子が、とても自然です。遥の気持ちを想像しているので、遥視点ではないけど、遥の気持ちも、わかります。暁行の気持ち込で・・

暁行は、誰にも相談できない胸中をブログにつづるのですが。。

身につまされました。私がここで書いているのも、身近な人にはいえないけど、誰かに言いたいそれなので・・。主人公がブログに書き込みの描写は、とてもリアルでした。

私も、明確なレスがなくても、アクセス解析でここを見てくれたお客様の存在に、ホッとするんですよね。知らない間にアクセスカウンターがすごいことになってるし・・(^_^;)

検索で上がってきたのをクリック、あわてて閉じた方も多いかもしれないですけどねww

「オールトの雲」一穂ミチ

51b2nmulpkl__ss500_

「オールトの雲」一穂ミチ

<あらすじ>

お姫様のような母親と一緒に太陽の前に現れた小さな王様―それが、流星だった。外国の血を引く繊細に整った容貌と、誇り高くまっすぐで、嘘やごまかしのない性格。そのせいで周囲から浮く彼をほうっておけず、いつだって側にいた。けれど、部活の合宿先で偶然会った流星は、太陽が知らない顔をしていて…。闇夜に迷う心を照らす、一等星の恋。その後の二人を描いた書き下ろし「真夜中の虹」も収録。

<コメント>

おだママさまから借りちゃいました。ありがとうございます。

「雪よ、林檎の香のごとく」でこまやかなでセンシティブな文章を披露し、一躍人気となった一穂先生の、第二段作品です。

デビューが鮮烈であっただけに期待も高く、なかなか大変だったと思いますが、期待にたがわないやさしくて切なくて、暖かい作品が生まれました。

初めてあったときから、その繊細で誇り高く嘘やごまかしを嫌う少年「流星」に心惹かれる太陽です。

「小さな王様」と称していますが、チャラチャラした王子様キャラでないので、嫌みなところがありません。

一度に恋に落ちる情熱的な物語もいいですが、相手を大切に思い大事にはぐくんできたきもちも、温めてきた時間が長い分、読者をひきつけます。

幼馴染で、流星の一番近いところにいたとおもっていたけど、違う高校となり流星には流星なりの生活があると実感し、はじめて流星への思いに気づく太陽。

大事にしている流星というお宝の価値を他人にもわかってもらえるうれしさと、同時に自分だけが流星の良さを分かるのではないという失望と・・

太陽がまっすぐな青年なだけに、自分の中の嫉妬やねたみ、流星への独占欲に気付いた時には唖然とし、自分を嫌悪してそれが流星への後ろめたさとなり・・

ちぐはぐとした気持ちに翻弄される高校生太陽がとってもいいです。

ずっと一緒にいたいけど、流星のために父親のところに行かせる言葉を滂沱の涙とともにはかせるクライマックスは、胸にずーんときました。

悩み成長する少年たちの切ない物語・・鼻をすすりながらじっくり読んでいただきたいとおもいます。

「雪よ林檎の香のごとく」一穂ミチ

51kqpufv1gl__ss500__2 「雪よ林檎の香のごとく」一穂ミチ

<あらすじ>

中学受験も高校受験も失敗し、父の母校に進学する約束を果たせなかった結城志緒。今は、 来年編入試験を受けるため、じりじりする気持ちを抱えながら勉強漬けの毎日を過ごしている。五月雨の降るある日、志緒は早朝の図書室で、いつも飄々としている担任・ 桂英治の涙を見てしまった。あまりにも透明な涙は、志緒の心にさざなみを立て——。静かに降り積もるスノーホワイト・ロマンス。

<コメント>

ディアプラス大型新人です。ディアプラスのHPでも特集が組んであり、編集部も期待しているのがひしひしつたわってくるので、読んでみました。。

期待以上の作品でした。ホント!Σ(´д`ノ)ノ

はじめての本ですかって驚かされるぐらい、緻密で静謐で計算された美しさを感じました。

登場人物も魅力的で、少しばかり厭世的だけれども、親から愛されていることを恥ずかしいとおもうようなちょっと大人びた高校生志緒と、軽薄かと思える態度をとりながら、みんなから一線引いて孤独の中に身をやつしている国語教師桂

誰にもみせていないはずの孤独な面をふと見つけてしまい魅かれる志緒、しかし、だれも二度と好きにならないと堅く自分に誓っている桂にきっぱりと拒絶されます。

くるくるかわる桂の態度に目が離せなくなって彼を幸せにしてあげたいという気持ちが湧き上がり、勉強しか目標のなかった志緒に生きている実感を感じさせます。

志緒が大人びて、世を斜にながめているので、恥ずかしくなるような単なる青春物語ではありません。

しかも、無駄なやり取りひとつない台詞回しは、テクニックなのか才能なのか。

一文字、一言が後の場面で活きていて、途中でとめることが出来ず一気によんでしまいますよ。

ディアプラスHPでは、デビュー単行本特集が組んであり一穂先生の初々しいコメントが読めます!カップルになった後の高校2年の体育祭の様子が描かれたSS「オンユアマーク」もあり短いながらも、一穂先生のしっとりとして緻密な文章を堪能できます。

次回作がすごく楽しみな作家さんですんで、みなさまご注目ですよ!

特集ページはこちら、SSは文庫を読んでからのほうが、より桂の逡巡や決意の程が伝わってくるとおもいますですよ!

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 桐嶋リッカ | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | ざ 座裏屋蘭丸 | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 塔栄のりこ | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な ナツ之えだまめ | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏乃穂足 | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌