カテゴリー

無料ブログはココログ

く 柊平ハルモ(くいびらはるも)

「未冷の熱」柊平ハルモ

51odfvxf8fl__ss500_ 「未冷の熱」柊平ハルモ

<あらすじ>

男に襲われた暁生は、十数年ぶりに再会した清馬に救われる。かつて暁生がアルバイトをしていた施設にいた清馬。しかし、年下の彼に惹かれた暁生は、その苦悩から逃れようと、清馬の脱走を見逃していた。以来、恋する感情を閉ざしていたが、清馬に名を呼ばれた瞬間、封じていた想いが溢れてしまう。貪るように求めあうが、暁生は清馬が語らない過去、そして今の彼のことを知りたいと願っていた。そんな折、偶然にも清馬がヤクザになっていたと知り―。

<コメント>

「未然の恋」スピンオフ作品です。

今作品も、襲われたことが切っ掛けで再会した二人の今の生活を中心に描かれるのかと思いましたが。。。。未然の恋とは逆に、今回は過去のエピソードがどーんとはじめに登場するので、ちょっといらつきます。

だって、中学生に恋をする大学生というちょっとはるのストライクゾーンを大きくはずした出会いだったからです。

児童保護施設で勉強を教えることになった大学生の暁生視点なので、中学生に欲情する自分の性癖にずっと悶々としています。

しかも、抱いて欲しいという「受け願望」なので、余計に萌えゲージだだ下がり。。(ーー;)

私ショタ受けもダメなんですが、ショタ攻めも・・清馬が、オトナっぽくて、孤高の少年ではありますが、それでも中学生である彼に欲情するという主人公は、・・ちょっと変態チックです。┐( ̄ヘ ̄)┌

前半の過去編が、終始プラトニックで我慢していただけに、ふとした偶然で再会した暁生がどんどん清馬にのめり込んで行くのはわかるのですが。。

清馬がヤクザなくせして、あんまり怖くないのが、残念でした。

もっと冷徹で、暁生のことを振り回して欲しかったですけど、ベースでは、清馬にとって暁生はどうしても恩人の先生なんでしょう。

征服されたい願望の暁生と、年下のヤクザの恋人って、やっぱりちょっとご無理が(笑)

「未然の恋」で一彦の思い人として登場していた清馬だったので、もっと孤独で冷徹なイメージをはるは、抱いていました・・・だもんで、ちょっと物足りない感じで終わってしまいました。。

「未然」で登場するもう一人の施設仲間で、弁護士になった実咲も片思いだという伏線もはってあったのですが・・このお話は・・

未冷の熱の売り上げ次第?・・ですよね。

いろいろ危ない目に遭いそうな実咲の弁護士編こそ、読んでみたいんですけど。。f^^;)

ヤクザとの絡みもあって今度こそ、怖かっこいい清馬がみられるといいのですが。

「未然の恋」柊平ハルモ

61gqlvhasml__ss500_ 「未然の恋」柊平ハルモ

<あらすじ>

編集者の一彦は、ある施設で一緒だった季逸と再会する。新進気鋭の作家となっていた季逸だが、彼はかつて一彦の『秘密』を盾に体を弄んだ男だった。そして忌まわしい過去の口止めに、またしても体を要求してきた。屈辱を堪え、取引に応じた一彦だったが、不本意な快楽に溺れて再び彼に翻弄されまいと決意する。けれど、逆に季逸を利用してやろうと仕事を共にするうちに、彼の真摯さを知り困惑してしまう。暴君なはずの男が見せた思わぬ誠実さに一彦は…。

<コメント>

美麗な稲荷家房之介先生のイラストを古書店でみかけ、スピンオフの「未冷の熱」といっしょに身請けさせていただきました。

しかもあらすじも、はるつぼです。(爆)

「児童支援施設で弄ばれた過去」もGOO!だし、口止めするかわりにと再び求められるって関係もGOO!(*^ー゚)b゙!!

施設という自由のない環境でさらに底辺の存在に押しやられるという名作栗本薫氏の「終わりのないラブソング」を彷彿とさせます。

あちらも、同級生に恋心を抱きながらそれを告げることなく、恋心を支えに辛い施設での毎日を孤独に耐える少年が登場しますが、「未然の恋」も所々挿入される過去話は、まさにそれ!

回想ではなく、そちらはそちらで一本書いて欲しかったのですが、再会がテーマだったので、過去話は、触りだけ・・

ふとした好奇心から、悪い友人たちに近づき、無理矢理覚醒剤を打たれる主人公。

このシーンは、吉田秋生氏の「カリフォルニア物語」のキースの過去話を思い出しました。

懐かしい青春のBL(当時はBLって言い方もなかったですけど。。)を彷彿させられて、当時のドキドキ感が蘇って、楽しく読めました。

結局いじめっ子の季逸は、大好きだからいじめていたっていう落ちですが、そこそこで季逸は、主人公一彦にラブラブ光線を送っているのですが、いじめられていたから一彦にはそのラブラブ光線が届かない。(ーー;)

まあそれも、自業自得、しかたないやね~と読者を苦笑させますが、それでもアタックし続ける季逸の一種少年のように真っ直ぐな想いに、一彦とともにほだされていきます。

ずっと一彦の憧れ淡い恋心を抱いていた桐生清馬に再会しますが、もっとときめいても良かったですが、昔の美しい思い出でいいと一彦の中では、すでに終焉してしまってました。

でもここで清馬にドキドキしてくれたら、さらに季逸は、嫉妬に身を焦がすし、一馬にひどくあたって話がこじれたでしょうが、スピンオフで清馬を使うことが決まっていたのでしょう。

あまりどろどろな三角トラブルは、起きませんでした。

むしろ、季逸が嫉妬していることに気づいて、ちょっと嬉しいというラブラブエピソードになっています。

要所要所の美麗イラストにため息をつきながら楽しませて頂きました。ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

アレツーサ王国シリーズプレミアムブック

Photo_2 アレツーサ王国シリーズ完結記念のプレミアムブックをとこさんにかりてしまいました。

リアルタイムでアレツーサが進行していたときにはそれほどでもなかったのに。。笑

人とずれてマイブームになったときは、腐女子友達が頼りになります。

ありがとう!とこさん!

リンクスの全サ冊子は、こってますねえ。。記念小冊子がちょっとしょぼかったア●アさんもみならってほしいです・・( ̄○ ̄;)!

装丁は、リンクスロマンスと同じにそろえてあって、カバーもちゃんとかかっています。

中身は、ルネと妹アンジェリクを密会させるお膳立てをマクシミリアンがするという「鈴蘭」、クリスマスのプレゼントはお互いがいたらいいというなんとも甘甘なレオナールとイリスの「菖蒲」、シリルのクリスマスの料理の失敗作を捨てられず困っている藤堂というばかっぷるの「菫」、別荘のスパでいつもと違うシチュエーションに興奮するオリヴィエと温泉Hで湯あたりした祐季の「桜」、些細なことで喧嘩して途方にくれるガブリエルをかわいいとおもう日高(腹減るからさっさとセックスしようと日高節健在で、爆笑しました)の「ただひとつの花」と5編のSSと、小路龍流先生の花ではなくネコだったというパラレルアレツーサが入って盛りだくさんです。

そしてカバー裏には、アレツーサの秘花「若竹」のエピソードというお遊びまで用意してあって、アレツーサ読者をおおいに喜ばせてくれます。(←気づいていない方!急いでカバーはずしてね・・)

おまけのスペシャル小冊子には、スパがある離宮の怪談話のSSつき!

はー大満足でございます。幻冬舎さん、やってくれます。編集部にもここまで愛されていたシリーズだったんだなあと、感慨深い思いで読ませていただきました。

とこさん、貴重なお品を貸していただいてありがとうございます。

緑川さんの喘ぎ声を添えてお返ししますね。(*^ω^*)ノ彡

「伯爵は花と戯れる」柊平ハルモ

32003453 「伯爵は花と戯れる」柊平ハルモ

<あらすじ>

中世の美しい景観が残るアレツーサ王国に、華やかな美貌をもつ日本の警視・日高彰人は、諜報活動の一環として赴いていた。任務成功の鍵を握る高級娼婦・椿の館で、重要情報を入手した日高だったが、椿のパトロンの伯爵・ガブリエルに見つかってしまい、館に監禁されてしまう。伯爵の従順な奴隷になるよう、屈辱と恥辱に満ちた行為を強いられるが、なかなか屈しない日高に、さらなる陵辱は続けられて…。アレツーサ王国シリーズ第二弾。

<コメント>

とこさんから借りた、「アレツーサ王国シリーズ」第二弾です。わざわざ、第二弾、笑

第一弾「公爵は花を愛でる」は伏線や、登場人物の紹介のための作品でもあるので、ストーリーがややもたついています。

「花を愛でる」を読んだら登場人物同士の力関係や、「花」制度が分かってさらによろしいですが、これだけ読んでもまあ、大丈夫でしょう。「花と戯れる」は、「花を愛でる」とは別のカップルですので・・

先代の国王と公娼「花」の間にできた子である伯爵ガブリエルとアラブのテロ組織との関係を調査するために、 「花」である椿に近づいた警察庁からの出向の日高彰人をガブリエルが拉致監禁しますが・・

日高の背景がおもしろい!

警察庁のキャリアのくせして「ふぐ接待」につられおとり潜入捜査を承諾してしまい、こんな外国まできてしまったのです。

ガブリエルに責められているときでさえ、「あの時ふぐたべなきゃよかった」なんて後悔したりして・・笑

ふぐにつられノンケのくせして男を誘うってBL界広しといえど、はじめてだ!(*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ

表紙もシリアス、ストーリーもシリアスなのに、日高がギャグです。

ガブリエルと寝たことで、男性ともいけるかもと同僚と寝るところを仕事中に妄想してみたり・・その妄想も、爆笑なのですが。

もう日高サイコー。こんなキャラないです。

3月に発刊された「王は花を奪う」でこのシリーズは完結なのですが、日高にはスピンオフでもいい、また登場してほしいですよね。。

とこさん、ありがとうございました!

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌