カテゴリー

無料ブログはココログ

あ あすか

「まやかしの棘」あすか

Toge 「まやかしの棘」あすか

<あらすじ>

恋人の死の真相を探る──それだけを目的に、朔弥が恋人の勤めていたクラブのホストとなって2年。身体を使い情報を集める朔弥の前に、2週間3千万円という破格の金額で朔弥を買うという男が現れた!逢坂と名乗るその男からの招待状には、なぜか殺された恋人の指輪が入っていて……!? 真実を求め逢坂の屋敷に赴く朔弥。そこで待っていたのは、憎悪をむき出しにした逢坂の陵辱だった!!「一つ満足したら、一つ質問に答えてやる」という逢坂に対し、懸命に奉仕する朔弥だったが……?

<コメント>

肉体的にも、精神的にも痛い!と定評のあるあすか先生です。

はるは、あすか先生の書く痛さがピンスポットでストライクのツボなのに、あんまりヒットがないですね。哀しい。。

はるの萌えツボは、マニアックなのでしょうか?( ̄Д ̄;;

さて、この作品は、つぶれたリーフさんから出ている作品です。ですから、古書店で探して頂くしかないのですが。。

ふと見かけ手にしたあすか先生の作品、あらすじで飛びついてしまいました。

殺された恋人の事件の真相を探るために、あえて好きでもないホストに身をやつし、情報をつかむために好きでもない男と寝るって。。

きゃー、一途で、好きな男のためなら自分はどうなってでもっていうこういう主人公大好きです。

恋人は死んでいる訳ですから、孤独感にもさいなまれています。

そして、夢の中でしか出会えない恋人からも、不潔だと軽蔑されます。それは、恋人に対して貞淑ではない自分への罰を、夢の中で再現しているわけですが。。

そういう自虐的なところも、GOO!です。(爆)

ただひたすら真実を求める朔弥に、復讐するかのように振る舞う逢坂

ことの真相が暴かれるにつれ逢坂の行為は復讐でしかないのですが、逢坂も一緒に暮らすうちに朔弥の一途な愛に、自分が八つ当たり的に朔弥に復讐していたことに気付き。。

逢坂の仄かにかいま見える優しさに、忘れていた人の温もりを思い出してしまった朔弥は徐々に逢坂に惹かれていきます。

自分の目的のために利用してやろうと近づいていたはずなのに、実はどちらも最愛の人を亡くした痛みを消化仕切れていなかったことがわかり、恋人の死の真相がはっきりしますが、そこが二人の出発点になります。

序盤イタタなHシーンに、心理描写が押されぎみですが、終盤お互いがお互いの疵を認め合うにいたる細やかな心理描写は、すごくロマンティックなつくりになっています。

恋人だった「優一」に翻弄された人々の物語、「優しさ一番」という名をもつこいつが、元凶だったと読後あきれ、主人公たちに同情を禁じ得ない作品でした。

美味しい作品、あすか先生ありがとうございました。

スピンオフで朔弥の双子の兄の話「美貌教授の甘美な秘密」も出版されているようです。気になった方は、探してみてください。

「唯我独尊な男4~遺言~」あすか

Otoko

「唯我独尊な男4~遺言~」あすか

またまた同人誌もってきちゃったよ。(笑)

あすか先生の商業誌「唯我独尊な男」の続編です。

「唯我独尊な男」シリーズをご存じない方には、過去はるが書きましたこちらをご覧ください。

商業誌の続編である「4」が再版されて、夏に買ったのについつい腰がひける分厚さ(おそるべし204ページ)に読むのがおそくなりました。。だって、本の厚みが1.5㎝。角をうまく使うと、凶器になるよ。。( ̄Д ̄;;

内容ですが・・くー、よかったです。

またもや、恭夜が事件に巻き込まれています。副大統領を拉致したテロが、実は記憶障害を起こさせた恭夜の昔の事件と関わりがあるとだんだん解明され。。

なぜか恭夜は、命をねらわれ・・ライアンの元には、事件でレイプされている恭夜のDVDが送りつけられてくるし。。

本編の緊張感がまだ続いています。

あすか先生のサイトをみると、「唯我独尊な男5-告白-」「唯我独尊な男6-絆-」の構想がおありのようで。。

まだ続くんですね、嬉しいような、じらしプレイのような・・早くよみてえ。。(T_T)

夏の時点で、「5~告白~」までしか予定が上がっていなかったので、5ですべての謎は解き明かされると楽しみにしていたのに。。

「4~遺言」で、しっかり伏線まではってあって、恭夜が、記憶を取り戻されては困る組織に、危険な目に遭わされそうで、ジャックの憂鬱が、ますます深くなりそうです。

しかし、愛する恭夜の前では、決して弱音を吐かないし、不安にさせるような素振りもみせないんだろうな・・ジャック・・だんだん、ジャックがいい人に見えてきた。。(笑)

「黄昏感懐」あすか

Image1_2 「黄昏感懐」あすか

<あらすじ>

東都グループの会長に拾われた宇都木未来(うつきみらい)は、恩返しをしようとグループの秘書の仕事をしていた。会長に認めてもらうために仕事をすることだけが生き甲斐だった宇都木。同じグループ内でめきめきと頭角を現してきた如月邦彦(きさらぎくにひこ)にはじめて心を動かされるようになる。しかし、彼には本意でない別れをした男性があり、今でもその人のことを思い続けていた。宇都木は、如月に好きだと告げることができないまま、それでも身体だけでも欲しいと関係を迫る。心を伴わない身体だけの関係が2年続いたある日、如月が手紙を投函してほしいと宇都木にエアメールを渡す。それは、復縁してほしいと恋人にあてた手紙で、宇都木は、その手紙を投函できず破りすててしまう・・

<コメント>

同人誌を出してどうかと思いましたがプロ作家のあすか先生だし、まだ手に入るようなのでアップしました。(あすか先生HPはコチラ)

泣ける同人誌として有名な「黄昏感懐」上下巻です。最近やっと手に入りました!上下共にA5/204P、2冊重ねると厚さは、3㎝。もう迫力としか言いようがないです。

文庫なら2時間弱ぐらいで一冊読み終えるはるの読書スピードをもってしても、21時頃から読み始めて、1時過ぎまでかかりました。新書1.5冊分はあるかもしれません。しかし、まったく長いと思いませんでした。如月と宇都木がもうくっついたり離れたり。いえいえ、宇都木はずっと如月を思い続けています。好きだと告げることができないまま、ただただ如月のためにと尽くしています。

如月は、前の男、戸浪(となみ)と寄りを戻したくて、脅してでも復縁したいとおっていて、宇都木のことを内部監査のスパイとしかおもっていないのです。

くーせつない((“o(>ω<)o”))!!ジタバタ!

愛されることを知らない宇都木は、不器用で、表情が乏しく、言葉足らずで、どうしても気持ちがうまく如月につたわりません。

それでも、仕事をサポートできるだけで、側にいられるだけで自分は幸せだといいます。なんて健気な奴!上巻でなんとか、二人は愛をたしかめあいますが、まだまだあります苦難の道!

下巻では、心変わりしたと勘違いして、ぼろぼろになります。食事をとれなくなってしまった宇都木を心配して、仕事をしばらく休むようにいった如月!

しかし、仕事でも必要とされなくなったと宇都木は絶望し如月の元をさってしまいます。。。

同人誌だからこその切なさてんこ盛り、もう宇都木の苦悩にはらはらしどうしです。

ただ秘書の上司である真下が、いつも最後宇都木をたすけてくれるので、読者も、真下さま~って気持ちになります。

そのまま押し倒してもOKよ!って、話がまたややこしくなるので、それはないですが。。脳内だけで妄想しました。。(笑)

商業誌になっていないのが、不思議なほどの切ない良い作品です!お試しあれ!

「唯我独尊な男」あすか

51bh3nm5abl__ss500_ 「唯我独尊な男」あすか

<あらすじ>

科警研という慌ただしい職場の中でも、平穏な毎日を送るエリート研究員の恭夜。ところがそれを破る者が現れた!―一度見たら忘れられないほど強烈な美貌、しかし、凄腕の交渉人としてその口から出る“言葉”は史上最凶の武器!それを操る男の名こそ、ジャック・ライアンという。彼の半端じゃない求愛から逃れるため帰国した恭夜だったのだが、ジャックの天才的な頭脳と口からは逃げるすべもないっ!!恭夜を恋人だ、と言い張るジャックだが、その言葉の裏には何やら秘密めいたものが―。

<コメント>

まんだらけ戦利品の一つ!(またか・・ヽ(;´Д`))

「唯我独尊な男」シリーズです。1、2上下、3と4巻発刊されています。

主人公恭夜(きょうや)の元にアメリカから凄腕交渉人(ネゴシエーター)がやってきます。のらりくらりと恭夜の言葉をかわし、いつの間にかベッドの中に。

恋人の兄であるジャック・ライアンに求愛され、心は死んだ弟のニールにあるのに、体はジャックになれていき・・・というのは、表向きのストーリー!

表向きのストーリーに並行して隠された裏ストーリーが展開して、恭が事件に巻き込まれ封印してしまった記憶の謎解きが始まるのです。

ジャックが現れたことで、既視感や違和感が増え記憶の混乱が生じます。

何が事実で、何が自分の都合で作り上げた記憶なのか混乱する恭夜。

しかし、口は悪いし、どうにも意思の通じないジャックが実は、献身的にサポートしていることが主人公と一緒に読者にも判明。

俄然、失われた記憶の所在が気になります。ジャックと恭夜の関係や、どうしてそこまでジャックが恭夜に執着するのかは、巻がすすむと解けていきます。

是非お手元に全巻そろえてよんでくださいね。続きが気になってしかたないですよ。O(≧▽≦)O♪

「神は誰も愛さない」あすか

518ngc7z7l__ss500_ 「神は誰も愛さない」あすか

<あらすじ>

父親が殺された事件の真相を知るため、清廉な美貌の一之瀬雫はヤクザのスパイとして警察に潜入していた。管理官の加瀬倫匡から信頼を得、情報を引き出すために身体の関係を持った雫。しかし、逞しい体躯に組み敷かれ、情熱を注がれるうち、自分を大切にしてくれる倫匡に心が揺れ始める。そんなある日、雫はマフィアの英銘に誘拐されてしまう。倫匡以外の男に蹂躙された悲しみに打ちひしがれ、彼への愛を自覚するが、裏切っている現実に心を痛め…。

<コメント>

まんだらけ戦利品の一つ!

初めてお会いする作家さんなのです。|〃▽〃)ノ

実はまんだらけツアーの事前リサーチの時にアマゾンで最近出版された物を検索していてタイトルの「神」で喰らいついていたんですねえ。

というのも、表紙イラストでつい買っちゃうと言う方、あらすじで思わず買っちゃったと言う方はあるかもしれないですが、。。

はるは、タイトルで衝動買いするタイプなんです。しかも、タイトルに神がつくと、非常に弱い。。(((;-д- )

信仰心とか、良心のよりどころを持つ人は、少々の事では揺るがないはずなのに、すがりつくまたは、否定しないといけない事象によって酷く傷つく様子が・・とっっても好きなんです♪

ということで、まんだらけ店内で発見して迷わずゲットした作品です。。

今回、「神様」でなく、「神」って突き放し具合もgooでした。タイトルだけで妄想してしまいましたが・・(〃▽〃;)

中身も、期待どおり!厭世的で、悲観的な主人公てツボかも。。笑

おそる、おそる読みはじめましたが、ぐいぐい引き込まれておもしろかったです。

主人公雫は、復讐のため、スパイとして警察内部に潜入しています。BL界において、刑事が悪の組織に潜入はよくあります。(しかも、ばれてお約束の輪姦?笑)

当作品は、違います。

正義の組織たる警察に、警察を裏切るために潜入しているんですよ。

しかも父親の復讐という、いたって正義です。善と悪が入り乱れています。

情報を引き出すために肉体関係を結んだ上司に、徐々に心惹かれ、騙していることが辛くなります。

真実を前にして後悔のあまりすべてを投げ逃げ出そうとしてしまいますが、すべてを許すといった上司の管理官加瀬が実は一番黒い男でした。笑

黒い加瀬の前では、雫のすがすがしさがまぶしい~

敵対する中国マフィア英銘(エイメイ)が逃げたので、これは売れ行きによっては続編ありかなと・・笑

アマゾンでもいい評価がついているので楽しみです。

作中英銘に雫が陵辱されるシーンについてページの都合であまり書けなかったと作者も悔しがっておられました。こちらは、同人誌で書きたいと後述されていましたよ!

いいですねえ。。陵辱にあつい思い入れのある作家さんて!ついて行きます!笑

ほかのあすか作品が気になって、「唯我独尊な男」シリーズも実はまんだらけでゲットしているんです。CDにもなっている人気作ということで、こちらも読むのが楽しみです!

その他のカテゴリー

BLGAME | BLNEWS | PSPゲーム | UnitVanilla | あ あすか | あ 安芸まくら | あ 暁 由宇(あかつきゆう) | あ 朝丘みなぎ | あ 朝丘戻。 | あ 洸(あきら) | あ 浅見茉莉(あさみまり) | あ 秋月こお | あ 英田サキ(あいださき) | あ 藍生 有(あいお ゆう) | あ 阿仁谷ユイジ | あ 麻生玲子 | い いおかいつき | い いつき 朔夜 | い いとう由貴 | い 一穂ミチ | い 五百香ノエル(いおかのえる) | い 井村仁美(いむらひとみ) | い 今城けい(いまじょうけい) | い 伊郷ルウ | い 和泉桂(いずみかつら) | い 池戸裕子(いけどゆうこ) | い 稲荷家房之介(コミック) | う うえだ真由 | う 海野 幸 | う 烏城あきら(うじょうあきら) | う 魚谷しおり(うおたにしおり) | え 榎田尤利(えだゆうり) | お オハル | お 大石 圭 | お 小川いら | お 鬼塚ツヤコ | か かわい有美子(ゆみこ) | か 可南さらさ(かなんさらさ) | か 川原つばさ | か 川唯東子(かわいとうこ)(コミック) | か 狼谷辰之(かみたにたつゆき) | か 神奈木智(かんなぎさとる) | か 神楽日夏(かぐらひなつ) | か 神江真凪(かみえまなぎ) | か 葛城ちか(かつらぎちか) | き 北川とも | き 杏野朝水(きょうのあさみ) | き 綺月陣(きづきじん) | く 久我有加(くがありか) | く 久能千明(くのうちあき) | く 柊平ハルモ(くいびらはるも) | く 栗本薫(くりもとかおる) | げ 月東 湊(げっとう みなと) | げ 玄上八絹(げんじょうやきぬ) | こ 寿たらこ(コミック) | こ 木原音瀬(このはらなりせ) | こ 駒崎 優(こまざきゆう) | ご 剛しいら | さ サイクロゼ | さ サインイェン(同人) | さ 佐伯まお | さ 坂井朱生 (さかいあけお) | さ 崎谷はるひ(さきやはるひ) | さ 桜木ライカ | さ 桜木知沙子(さくらぎちさこ) | さ 榊花月(さかきかづき) | さ 沙野風結子(さのふゆこ) | さ 砂原糖子(さはらとうこ) | さ 砂床あい | さ 紗名マリエ(サナマリエ) | さ 西条公威(さいじょうきみたけ) | さ 鷺沼やすな(さぎぬまやすな) | し しいな貴生(しいなたかお) | し 愁堂れな | し 椎名りりん(しいなりりん) | し 椎崎 夕(しいざきゆう) | し 白城るた(しらきるた) | し 秀香穂里(しゅうかおり) | し 篠 稲穂(しのいなほ) | し 篠原 美季(しのはらみき) | し 篠原まこと(しのはらまこと) | す 春原いずみ(すのはらいずみ) | す 杉原理生(すぎはらりお) | す 菅野彰(すがのあきら) | す 鈴木あみ(すずきあみ) | す 鈴鹿ふみ(すずかふみ) | す 須和雪里(すわゆきさと) | せ 妹尾ゆふ子(非BL) | せ 芹生はるか(せりょうはるか) | た たけうちりうと | た タニス・リー | た 橘 伊織 | た 橘 紅緒 | た 橘みれい | た 立花一樹 | た 谷崎泉(たにざきいずみ) | た 高尾ふゆ希(コミック) | た 高岡ミズミ | た 高嶋上総(コミック) | た 高遠琉加(たかとうるか) | た 鷹守諫也(たかもりいさや) | つ 月上ひなこ | つ 月夜野亮(つきよのあきら) | つ 月村 奎(つきむらけい) | つ 椿めい | と 十掛ありい(とがけありい) | と 遠野春日(とおのはるひ) | と 鳥人ヒロミ(とりびとひろみ)(コミック) | な ななおあきら | な 七地寧 | な 七宮エリカ | な 中原一也 | な 凪良ゆう | な 夏井遥子 | な 成宮ゆり(なりみやゆり) | に 西尾維新 | は 波奈海月(はなみずき) | は 花郎藤子(はないらつふじこ) | は 萩野シロ(はぎのしろ) | は 鳩村衣杏(はとむらいあん) | ば バーバラ片桐 | ひ ひちわゆか | ひ 妃川 螢(ひめかわほたる) | ひ 廣瀬 航 | ひ 日夏塔子(ひなつとうこ) | ひ 樋口美沙緒 | ひ 檜原 まり子 (ひはらまりこ) | ひ 火崎 勇(ひざきゆう) | ひ 菱沢九月(ひしざわくがつ) | ふ 藤崎都 | ふ ふゆの仁子 | ふ 冬城蒼生(ふゆきたみ) | ふ 椹野道流(ふしのみちる) | ふ 淵井鏑 | ふ 藤代 葎(ふじしろりつ) | ふ 藤森ちひろ(ふじもりちひろ) | ま 丸木文華 | ま 松前侑里(まつまえゆり) | ま 松殿理央(まつどのりお) | ま 松田美優(まつだみゆ) | ま 松野たば子 | ま 真崎ひかる | ま 真瀬もと(ませもと) | ま 魔鬼砂夜花(まきさやか) | み 三浦しをん | み 宮本佳野(コミック) | み 水原とほる | み 水壬楓子(みなみふうこ) | み 水無月さらら | み 湊川理絵(みなとがわりえ) | も 本仁戻(もとにもどる)(コミック) | も 桃さくら | や 夜光花 | や 山藍紫姫子 | や 矢城米花(やしろよねか) | や 矢萩貴子(やはぎたかこ) | ゆ 結城一美 | ゆ 雪代鞠絵(ゆきしろまりえ) | よ 依田沙江美(コミック) | よ よしながふみ(コミック) | よ ヨネダコウ(コミック) | よ 吉原理恵子 | よ 吉田珠姫(よしだたまき) | よ 義月粧子(よしづきしょうこ) | ろ ロビン・ホブ(非BL) | ろ 六本木曜 | ろ 六青みつみ | わ 渡瀬悠宇(コミック) | わ 渡海奈穂(わたるみなほ) | オヤジ犬愛玩同盟 | トンデモ本 | 愁堂れな | 日記・コラム・つぶやき | 雑誌