カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ

2016年3月

悦楽よりも、深く/ナツ之えだまめ

_

悦楽よりも、深く/ナツ之えだまめ

【発売日】2016/3/4

【あらすじ】

うつくしく魅力的な男・貴船笙一郎。伊織にとって取引先のうちの一人でしかなかった貴船が、何も知らなかった伊織に近づいて頑なな身体に快楽を教え、愛を教えて一緒に過ごすようになって一年が過ぎた。貴船は伊織を変わらず深く愛していたし、伊織も貴船を愛しているのに、たったひとつの意見の違いによって、二人はすれ違ってしまう。その溝を埋める前に、貴船が事故に遭って記憶喪失になってしまい……!?

【感想】

「うなじまで、7秒」続編です。やっと届きましたよ!(* ̄ー ̄*)

でも、あらすじですでに波乱の予感、記憶喪失ですって?とおそるおそるページを開きました。

記憶喪失話によくある、幸せな日々から始まります。

本当に、序盤幸せであればあるほど、記憶喪失になってしまったあとを想像すると辛いですよ。。。

貴船の献身的なまでの愛情の前に、一度結婚生活に破綻してしている伊織は同居を踏み切れません。幸せであれば、あるほどそれがいつまで続くか、不安になってしまう伊織。

離婚は、結婚よりも何倍も大変で、それを体験した人は、結婚しようとは思わなくなるっていうほどですからね。

円満離婚ではあるけど、そこに至るまでの、精神的苦痛をまだ引きずって、同居に踏み切れない伊織に貴船の苛立ちもピークに!

禍根をのこしたまま、2年間を忘れてしまう貴船。

貴船であって、貴船でない不安と、それでも貴船の手を離したくない伊織の葛藤。

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!記憶喪失クライシス!

もう微妙な違和感の積み重ねに、読者もやきもきいたします。

別れの予感かと手が震えるほどの緊張感のなか、やってくる松山エピソードは、砂漠の中のオアシスでした。

みかんのでる蛇口画像だけで旅館を突き止めた時点で、貴船の伊織への想いは十分伝わったぞww

本編のあとに4編のショートストーリーが掲載されているのですが、中でも男二人のシェアハウスを嫌がる不動産屋という話が、なんともリアルでした。

男二人で同居していたら。。こういういわれのない偏見を持たれるんですね。

もうこうなったら地域の行事に積極的に参加して、地域住民を味方につけるしかないですね。ww

うなじまで、7秒/ナツ之えだまめ

__72

うなじまで、7秒/ナツ之えだまめ

【発売日】2013/11/14

【あらすじ】

彼はいつも、自分を見ていた―。魅力あふれる取引先の男・貴船笙一郎に、突然エレベーターでうなじに口づけられた佐々木伊織。その熱を忘れようとしても、貴船の手が、指が、唇が、伊織の身体に悦楽を刻み込んでいく。深い快楽を身体が知っても、逢瀬の合間に愛をささやく彼の心だけが見えない…。貴船の手慣れた愛撫ゆえに彼の言葉を信じられない伊織が取った行動は?相手のすべてが欲しいと、狂おしく焦がれる恋。

【感想】

コミコミスタジオで同梱で注文しちゃったもので、「悦楽よりも、深く」発売日にも手元にとどかず、手持無沙汰だったもので、復習をかねて読み返しました。

最初に読んだときには、貴船の押しつけのような恋心に、どうしていいのかわからない伊織の戸惑い、そして躰から落とされちゃったよっぽい展開にちょっと引いた覚えがあるのですが・・

読み返してみますと、初恋に浮かれて様々なアプローチをしかけている貴船が初々しくて、そこがかわいらしくみえてきました。

こうしたら喜ぶだろうということをこれでもか、これでもかと盛ってくる貴船。

伊織が両手離しで貴船に自分を明け渡してもいいものかと不安になっていることも初恋に浮かれきっている貴船にはつたわらず。。貴船は相変わらず押せ押せで。。

離婚の決まった終盤、伊織がいったん貴船を遠ざけるいいですねぇ。。

一線を引かれると思ってもいなかった貴船の驚愕と失望。

でも、貴船の成長や、伊織の決心のためには必要なステップでした。

最初から伊織は貴船に惹かれていて、貴船の想いも伊織にまっすぐで。。

二人の幸せを大輪の花火が祝福するようなラストはディズニーアニメのように豪華で、目に浮かぶようでした。ww

獣の理II/成瀬かの

_

獣の理II/成瀬かの

【発売日】2016/2/10

【あらすじ】

異界から来た狼族の騎士グレンと結ばれた聖明は、もふもふで嫉妬深い恋人を心から愛し、それ故に悩んでいた。聖明をつがいに選んだために、グレンが平穏すぎる生活に甘んじていることを。そんな折、狼族の王がグレンを訪ねてくるが、王を狙う敵の刺客までも現れ、戦い の末グレンはただ一人異界へと跳ばされてしまう。グレンを助けるため、非力な一介のサラリーマン・聖明は獣人たちが戦いを続ける物騒 な世界へ旅立つが―。

【感想】

獣の理続編作品です。モフモフはみんな大好きということで、J庭も近いことですし、読ませていただきました。

戦士であるグレンと結ばれてこちらの世界でいっしょに暮らすのですが。。

職業戦士は、こちらではなじまないですよね。命を懸けて毎日を過ごしていた戦士にとって平穏すぎる毎日が、ストレスになるのではと、聖明が悩みます。

ネコ耳、ネコしっぽのイケメン・・読者もいっしょに、彼のジョブチェンジについて悩みますww

モデル?ガタイを生かして肉体労働?

岩場で暮らしていたことを生かして、ボルダリングインストラクター?

戦士スキルを生かして、サバイバルゲームのインストラクター?

なかなかよいお仕事がないですねぇ・・

と妙なところで、妄想してしまいましたww

紆余曲折、聖明はグレンの世界に現代人の知恵を生かし、グレンはコチラで、ペット関係の仕事をはじめるわけでして。。

グレンにぴったりの仕事が見つかり、いいところに着地しましたww

読者も満足です。こうなると、今度はコチラの世界での活躍が見たくなりますよ。

あっちの世界から聖明の手料理を楽しいにしてやってくる王家の人々と、こちらで動物にヒントをもらいながら事件を解決する話とか。。。

タブレットを操作することを覚えたグレンの活躍が楽しみで・・まだまだこのお話は続いてほしいものです。

獣の理/成瀬かの

Photo 獣の理/成瀬かの

【発売日】2013/11/12

【あらすじ】

満月の夜、古い一軒家で一人暮らす粟野聖明(きよあき)の前に、獣の耳と尻尾を付けた偉丈夫が現れた。聖明は異世界から魔法で跳ばされてきたその男・グレンが美しい狼に変身できると知り、「好きな時に好きなだけ撫でさせろ」を条件に、家に置いてやる事にする。誇り高く獰猛なグレンは全く懐いてくれないが、彼を餌付けしモフモフする日々は聖明の孤独を癒していく。だがそんな時、聖明の身辺で奇妙な事件が起こるようになり―。

【感想】

J庭予行演習のため成瀬先生の作品をよみかえしたのですが、こちら感想をうpしてなかったですね。あらためて感想です。

成瀬先生のお得意の異世界もので、しかもモフモフ狼男話です。表紙も円陣先生の美麗イラストで、ねこ耳戦士に萌えます。

異世界から出現したグレン、異世界の戦士というだけで、大柄で力もある偉丈夫、しかも元は狼なので、本当の肉食男子です。

主人公聖明(きよあき)は、なぜか何もかもに投げやりです。生きていくことにも執着していないのですが、その理由はおいおい語られます。

生きていくことにあきらめてしまっていた聖明の眼前に現れた傷ついた獣がグレンですが、モフモフにいやされます。

生活に疲れた多くの働く腐女子も、聖明といっしょに癒されますww

そしてがっつり旺盛な食欲、がっつり食べてくれるイケメンを見るのはいいですね。ガツガツ食べる姿は、生命力に満ち溢れていてこちらまで元気にしてくれます。

生きていくことに投げやりで、現実味のない生活だった聖明にふたたび生きている実感をあたえてくれるグレン。

グレンの不器用な優しさや、狼のつがいと一生添い遂げる情の深さにほろりとさせられます。

希薄な人間関係や、仕事に疲れた働く腐女子には、もってこいのアリナミンV的な作品です。読後元気がでること請け合いですので、年度末の忙しさをこれで乗り切りましょう

(。・ω・)ヾエイ(。・ω・)ヾエイ(。・ω・)ノオー!!!

アドリアン・イングリッシュシリーズ5 瞑き流れ/ジョシュ・ラニヨン

__ae5 アドリアン・イングリッシュシリーズ5 瞑き流れ/ジョシュ・ラニヨン

【発売日】2015/12/9

【あらすじ】

撃たれた左肩と心臓の手術を終えて「クローク&ダガー」に戻ってきたアドリアンはジェイクとの関係をどうしたらいいか迷っていた。次第に体調も回復してきたある日、改築していた店の同じ建物から古い死体が発見される。それは50年前に失踪したジャズミュージシャンの変わり果てた姿だった。アドリアンはジェイクと調査を開始。カミングアウトし、市警を辞職したジェイクは、探偵の仕事を始めていたのだ。電話一本でジェイクが駆けつけてくれる事に、予期せぬ感情が揺さぶられるアドリアン。かけがえのないお互いの存在を確信しながら、ふたりは半世紀前の謎に挑む―。M/Mミステリの金字塔、ついに完結。

【感想】

一ヶ月のご無沙汰ですぅ。実は、1月末より、久しぶりに二次にはまってしまって。えらいことになっていました。ww

ヘタリアで希日にはまった過去があるのですが、史実やこまかな設定は、すでに現実としてあるので、バリエーションに乏しく、どの作品も似たり寄ったりでしたけど。

今回はまった血界戦線では、それほど細かい設定が明かされていないだけに、同人作家さんたちの妄想力が素晴らしく。。。

どの作品も結構オリジナリティあふれて、しかも文章力も高く読み応えがあるときて、もうすっかりクラウス×スティーブンという王道wwカップルで、いっしょに妄想祭りでした。

同人誌の楽しさを改めておしえていただきました。

とらのあなさんとK-Booksさん、そして配達のクロネコヤマトさんお世話になりました。ww

J庭も近いということで、オリジナルBLに舞い戻ってまいりました。

こちら、アドリアン・イングリッシュシリーズの最終章です。

発売を指折り数えて待っていたので、発売と同時に手に入れていたのですが、大好きなシリーズだけに読み終わるのがもったいなくて、ついつい手が出ませんでした。

読み終わるのがもったいないっていうぐらい、このシリーズ大好きなんです。

心臓に持病のある主人公と、カミングアウトできない警察官。

自分の性癖を認められず、自分をだますように女性と結婚までしたジェイクのだめっぷりに4巻までイライラしながら、よみすすめていたのですが。

彼の逡巡は、一歩道を間違えば自分をゲイではないと肯定するために、犯罪者になったかもしれなかったというこの最終章につながっていて、彼の決意の重さに涙がこぼれました。

認められてきたとはいえ、まだまだLGBTに風当たりのこの時代。

自分を肯定するためには、家族も友人も職場の人間関係までも切り捨てないといけないとは、なんという悲しみでしょう。

そんな中、ちょうど3月18日に公開となるこちらの映画「リリーのすべて」

世界で初めて女性に変身した男と、その妻の物語なのですが・・

映画として取り上げられ、そういう生き方もあるんだと認められるようになったとはいえ、自分らしく生きていきたいというそれだけのために、いろんなものを切り捨てないといけなかった多くの人々に思いをはせて、アドリアン・イングリッシュを読み終えたのでした。

« 2016年1月 | トップページ