カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

愛は裏切らない/オハル(井上ハルヲ)

_ 愛は裏切らない/オハル(井上ハルヲ)

【発売日】2011/5/13

【あらすじ】

暴行された過去と、後に残された男を求めて疼く体。陰惨な事件に巻き込まれ、癒えない傷を負った奥村は、先輩刑事の填島に縋り、抱かれることで心の均衡を保っていた。槇島に歪な関係を強いることへの罪悪感に苛まれる奥村だが、そんな自分の狡さをも受け入れてくれる彼に惹かれていることに気づき…?出口の見えない想いに悩むある日、事件の犯人・桧山が現れ事態は急変する。自分に異常な執着心を見せ、填島を排除しようとする桧山の様子に、奥村は―。

【感想】

ふと振り返ると、投稿久しぶりですね。ぽちぽち読んでるんですけど、ばたばたしてまして感想書き込むのがおそくなりました。

こちらも井上先生熱が高まった時に、読んだ作品です。

『オハル』名義だったころの作品です。デンパ男読後、井上先生の過去作品が気になってたどりつきました。お得意wwの警察ものです。

こちらタイトルは、すごくロマンチックなのですが、中身は表紙の雰囲気、いやそれ以上にハードボイルドでした。

猟奇的な犯人に一方的に気に入られちゃった主人公奥村が、拉致監禁されいろいろ痛いことをされます。

ここで、痛いのはだめな人はくじけちゃうんでしょうねぇ・・

でも井上先生、こういうシーンお好きなようです。((w´ω`w))

現在定期的に出されている同人誌『無限荒野』でも、『哂う月』の夜でも主人公がいたぶられる、痛いシーンが出てきます。

そういうイタタな状況も、主人公たちなりのやり方で、乗り越えていこうとするところがおすき何でしょうし、読者もそういうメンタルの強さ、漢らしさが好きなんですよね

今回は、男を求めて疼く体で、恐怖を乗り越えようとしてます。

こういっちゃなんですけど・・・ちょっと、サービス乗り越えですww

どうせ淫乱なんですって自虐的につぶやく奥山いいですねぇ・・あがきながらも、壊れてしまったと自覚してる、やや自暴自棄な主人公。

相方である先輩刑事の填島は、奥山が最初ストーカーかもと不安に駆られたときに、一笑に付したという負い目があるもので、奥山が自虐的にふるまえばふるまうほど、奥山のことを憐れに思ってしまいます。

奥山がほしいのは、そういう憐みじゃないだけに、それぞれの微妙な温度差にじれったくてやきもきさせられますが。。。

犯人逮捕のために、二人が力を合わせることで、話は急展開!

最後まで、いろいろ痛いです。精神的に追い詰められるところも痛いです。

痛いH推進委員会としては、おすすめシーンなんですけどね。ww

さて最後に犯人君!乳首や性器へのピアスの前にすることあるでしょ!

プロなら、途中やめになっていたトライバルの刺青完成させるべきでしょ!

ほんと、出直して来いっていいたい凸(`Д´メ)

愛を裏切らない番外編「愛を逃がさない」が無料で読めますので、井上先生のサイトを、たどってパブーまでお進みください。

PS.井上先生、スマホを東京で紛失されたそうですね。ご愁傷様でした。。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »