カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「一秒でも世界は変わる/恋の一秒は千年の忍耐」火崎勇 | トップページ | 「ワケアリ」中原一也 »

「隷属の闇」愁堂れな

Reizoku 「隷属の闇」愁堂れな

<あらすじ>

麻薬取締官・竜野真紀は、大がかりな麻薬取り引きの情報を掴むが、摘発目前で、突然拉致され、香港へ連れ去られてしまう。マフィアのボス・王の屋敷に監禁され、お前は親友に売られたのだと告げられるが、真紀は頑なにその言葉を信じようとはしなかった。「刑事である弟や親友が必ず助けに来る」。その真紀の思いを踏みにじるように王は、「俺から解放してほしければ、お前が頑固に信じている親友や弟を、殺してくれと乞え」。愛玩具として王に嬲られ、陵辱の限りを尽くされる真紀を、更に卑劣な条件で、追い詰めてくる。人を信じようとする男と信用しない男。二人の感情は激しく縺れ合い…。

<コメント>

誠さまにお借りした、「新宿退屈男」の事件の原因になったお兄ちゃん失踪事件の真相のお話です。

基本シリーズ途中を抜き出して読むことのないはるですが。。

誠さまより、前後がわからなくても、まあ問題ないでしょうという暖かい励ましをいただき、ガッツり楽しませていただきました。。

はーい!問題ナッシングでした。(爆)

巻末にでている新宿退屈男の紹介あらすじで、だいたい背景はつかめてしまいました。

ま、本編をより楽しもうとおもったら、前後の新宿退屈男も一読されたらいいかとおもいますが。。

なかなか三冊一度に読むのは、大変ですからね・・(いいわけか。_(^^;)ゞ)

ということで、真紀ひたすら、王にいいように酷使されます。

弟の命をたてにされているんだから、云うとおりにしますよ。

「弟を殺すといえば、自由にしてやる」という云いまわしが、一見新鮮にみえましたが・・

いいかえると「弟の命がおしければ、いうことをきけ」といってるわけで。。(ーー;)

云ってることは、使い古されたことでした。苦笑

家族愛など信用できないと孤独で冷酷な王に、情愛という形で抵抗を続ける真紀。

結構真紀も頑固です、f^^;)

何をされても王に逆らいません。むしろそんなに酷く真紀を追いつめようとする王に憐憫さえ感じるようになります。

もしや、同情がいつしか愛情に??

そこは、次に続くので、やはりシリーズを通して読んでみたくなります。

しかし様をつけて呼ばせる王、音にすると「ワンさま」なのでしょうが、「王様」という文字はなぜか滑稽さを感じてしまったはるでした。。(゚∀゚)

誠さま、ありがとうございました。

« 「一秒でも世界は変わる/恋の一秒は千年の忍耐」火崎勇 | トップページ | 「ワケアリ」中原一也 »

し 愁堂れな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「隷属の闇」愁堂れな:

« 「一秒でも世界は変わる/恋の一秒は千年の忍耐」火崎勇 | トップページ | 「ワケアリ」中原一也 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31