カテゴリー

無料ブログはココログ

« 祝ヴィラカプリ2周年! | トップページ | 「ローマ、残照の記」立花一樹 »

「愛しすぎる情熱」英田サキ

4149gc7ggql__sl500_aa240_ 「愛しすぎる情熱」英田サキ

<あらすじ>

端整な顔立ちに憂いを宿し、エリートとしての地位を捨て田舎へ越してきた夏目。逞しい年下の男・高津と出会い、穏やかな時間に癒された。しかし、大切な人を失ったという過去から臆病になり、彼に惹かれる気持ちを認められずにいた。そして、真摯に想いを告げる高津にひどい言葉をぶつけてしまい―「男にされるのが好きなんでしょう?」熱い腕に抱かれ、危うい情動に翻弄される。すれ違った気持ちを置き去りにして…。静かに燃え上がる大人の恋。

<コメント>

すみません、これも稲荷家さんのイラストで、買っちゃいました。|ω・`)ムフ♪

でも、みんなのよかったよというお話を伺っていたのですが。。よかったです。

大切な人をうしない、再び恋をすることはないと償いのように都会から逃げてきた夏目。

しかしたくましい地元の青年に出会い、無口で無骨だが毎日世話をやいてくれる年下の高津との出会いで、再び生きる喜びを感じるようになる。

そして、寂しげだったり何も欲しがらなかったりつかみ所のない夏目にいつしか引かれる高津・・

ストーリーの進行が夏目視点と高津視点で交互にすすむので、相手への想いが次第に深くなっていくのがわかって、じれったいほどです。

しかし、夏目は臆病で、どうしても踏み切れないところに、事件が起こり。

命をかけてでも思いを遂げたいという高津の一途さや、一生懸命さに胸があつくなります。

しかし、よくよく考えたら妻をもらっていた夏目と、ノンケの高津。よくくっついたものだと、感心しました。。(笑)

« 祝ヴィラカプリ2周年! | トップページ | 「ローマ、残照の記」立花一樹 »

あ 英田サキ(あいださき)」カテゴリの記事

コメント

おはよーございます!
この作品稲荷家さんだったんですね~!
事件が起きなければ臆病な夏目はふみきれなかったでしょうねぇ~。でもそこで悩んでグルグルする受けって好きです♪いいところで事件が起きる物です。さすが小説ですね♪スッキリさせてくれますvv

ところで山藍紫姫子先生!ハガレン本だしてるんですか!?すごいなぁ~。原作もちょっとづつ進んでるし、またアニメ化して欲しいですね~♪アニメ+映画で完結させてしまってるので無理だと思いますが。。。そこを何とかっ!原作版見たいですよねぇ~。

【杏子さまへ】
そうなんですよ、稲荷家先生ぽくないですが、いつもよりおとなし目ですね。

山藍先生のハガレン本は、2冊!ヒュー×ロイ&ブラ×ロイ、ハボ×ロイです。
ロイ総受けです。すばらしい!笑
杏子さんのすきなロイエドは、でてきません。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「愛しすぎる情熱」英田サキ:

« 祝ヴィラカプリ2周年! | トップページ | 「ローマ、残照の記」立花一樹 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31