カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「しあわせにできる」谷崎泉 | トップページ | 「熱視線」篠稲穂 »

「透過性恋愛装置」かわい有美子

Photo_123

「透過性恋愛装置」かわい有美子

<あらすじ>

若手建築士として注目を浴び、己れのルックスにも自信を持っていた北嶋は、とあるコンペでホテルマンの牧田と出会う。その落ちついて控えめな物腰を軽んじ、コンペで最優秀賞を逃したことで牧田にいちゃもんをつける北嶋だったが、常に大人の余裕を持つ牧田に諌められ高慢な鼻をへし折られてしまう。それをきっかけに牧田の人間性に触れ、恋に落ちてしまった北嶋は、思い付く限りの策を弄するのだったが…。

<コメント>

コミコミスタジオの店員さんが、これを読んで泣けて泣けて・・

あまりに泣きすぎて鼻が詰まり、呼吸困難で救急車を呼びそうになった(笑)というメルマガを読んだ方も多いと思いますが・・

そこまで泣けるかと期待して珍しく、新刊で、即購入しました。

アマゾンの書評にも、ここまで泣けた話はなかったと書いてる方もありこれは、泣ける本リストにいれなければいけない一品になるかとわくわく読み始めまして・・

いやあ、かわいいお話でした!

おい!なけるんとちゃうんかい!(´`)ハァ・・・

あんたに、純朴な心がないんと違うんかいってな突っ込みは、入れないでね。^^;

でも、主人公の北嶋があまりに一生懸命ストーカーして、朝の電車でそっと牧田の姿を探す初々しさは、もうかわいいとしか言いようがないです。

冒頭部分で、あまりに子どもっぽい北嶋のわがままぶりに、本を捨てそうになりましたが。それも70ページほど我慢したら、あとはもう、北嶋の胸のたかなりが、読者の期待の高まりとなり、牧田に振り向いて欲しいと、一緒になって、懇願するようになります。

牧田に好きになってもらえるなら、なんでもがんばっちゃうっていう北嶋のかわいらしさったら。

冒頭の「嫌な奴」が、いつの間にか「かわいい奴」にかわる様は、木原マジックにもにてすごいとうならせます。

北嶋に振り回され、あっちこっちで頭を下げさせられた友人滝乃と、清楚でいて匂い立つような色気のあると北嶋が称した水端の出会いのお話は「上海金魚」で、読めますが。

はるとしては、「透過性恋愛装置」にでてくる水端のほうが、色っぽとおもいますね。

透過性を読んで期待して、二人の出会いを読んだからかもしれないですが。。でも、まあ上海漫遊記ノリで、グルメ本としても読めますから。(どんなススメ方だ!)

« 「しあわせにできる」谷崎泉 | トップページ | 「熱視線」篠稲穂 »

か かわい有美子(ゆみこ)」カテゴリの記事

コメント

はるさんこんにちわ!

はるさんは「かわいい」でしたか。わたしも「かわいい」系ですが、でも若干「笑えて笑えて」でもありました。最初はかわいさんにしてはめずらしいキャラだなと思っていた北嶋さんでしたが、あの一途さというかある意味幼さにおもわず「がんばれ!」とエールを送りたくなりました。かわいいんだけどなんかおかしいという私はやっぱり世の中の汚さに染まりきった汚い大人なんでしょうかね(笑) まあ、泣けないことはないんですが・・・。 滝乃さんがちょっと(いやずいぶん?)かわいそうで、むしろこっちに同情して泣けそうな。「上海金魚」を読み直したくなりました。

こんちわ、とこさん、ありがとうございます。
「笑える派」ですか・・友人もストーカーもどきの必死さに笑えたといってました。
かわいさんにしては、めずらしいというか新しいキャラですよね。
こういう友人にふりまわされていて、このキャラが生まれたとあとがきにありましたねえ。
実際にいたら、あんまり近づきたくないですよね。。滝乃とは、お友達になりたいです!はい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「透過性恋愛装置」かわい有美子:

« 「しあわせにできる」谷崎泉 | トップページ | 「熱視線」篠稲穂 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31