カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「堕天使の背骨」鳩村衣杏 | トップページ | 「ハンサムは嫌い。」榎田尤利 »

「花町物語/艶恋歌」十掛ありい

「花町物語/艶恋歌」十掛あいり

<あらすじ>

異国の血を引く朱璃(しゅり)は遊郭で下働きをしていたが、外見のせいで、仲間から嫌がらせをうける毎日を送っていた。いつものように虐められていた朱璃は、陰間茶屋『華菱』を経営する東條巽(たつみ)に助けられる。自分を救ってくれた巽にほのかな想いを感じた朱璃は、彼の店で働き始めた。しかし、巽にとって自分は商品でしかないことに、朱璃は寂しさを感じていた。そんな中、水揚げの日が決まり、見知らぬ男に抱かれることに朱璃は、巽への想いを諦めようとするが…。

<コメント>

BLゲームノベライズは、何点か読んだのですが、これはよかったです。ゲーム性ってあまり感じさせなかったです。ゲーム独特の伏線キャラとか、別カップルを感じさせなかったところが、よかったですね。ゲームフリークには、物足りなかったかも。でもあまり、いろんなキャラを膨らませると、アンソロジー化してノベライズには、物足りなくなるし。

まあものゲームをしてないので、違和感なく突入させていただきました。笑

ゲームとなると、やはり幾通りものストーリーが発生するので、それにつけ、押さえのキャラや、分岐の出来事が出てきますが、そういうわざとらしさがなかったように思います。

しかし、朱璃かわいい・・素直で。子犬キャラって言うんですかぁ、主人(巽)に辛く当たられても、嫉妬にいじめられても、「僕がわるいんです」って、巽を受け入れちゃう。

幼少期、家族の愛情に恵まれず歪んでしまった巽も、朱璃の深い愛に、かたくなな心もとかされちゃって。

はるって、BLゲームに興味ない人だったんですが、元ゲームしてみたくなりました。もっと朱璃のいじめられるところ見てみたい。(おいおい、そっちかい・・^^;)

いやあ、BLゲームもおくが深くなっていますね。食わず嫌いはいけません。体験してみなければ・・

« 「堕天使の背骨」鳩村衣杏 | トップページ | 「ハンサムは嫌い。」榎田尤利 »

と 十掛ありい(とがけありい)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「花町物語/艶恋歌」十掛ありい:

« 「堕天使の背骨」鳩村衣杏 | トップページ | 「ハンサムは嫌い。」榎田尤利 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31